回転式電鍵の組直し

3台ある回転式電鍵の内、回転板の戻りバネがピアノ線のオリジナルのものと追試1台目の2台を見直し組み直した。
回転板の戻りバネに使っているピアノ線が使用中に突然折れる事が度々起きていた。その為2台を並べて置いていつでも
どちらでも 打てるようにしていた。折れる現象原因はベアリングに接着剤で固定している回転板にガタ(接着剤が剥がれて)
が少し 起きて来ているからか?、他にも?。それでオリジナルのものと追試1台目の2台共バラシて組み直すことにした。
【回転板のガタ】:オリジナルは内径15mmのベアリングに約15㎜幅の回転板1枚との間に少しの隙間が有ったのでその隙間に
厚さ0.1の銅板を入れて、且つ接着剤で止める。追試品は内径20mmのベアリングに約18㎜幅の回転板で約2㎜の隙間が
有るので厚さ1㎜幅8㎜のアルミの板と厚さ1㎜幅3㎜のニッケルの板を重ねてその隙間に入れて、且つ接着剤で止める
(どちらの回転板もベアリング面に直角に止める)。【回転板の戻りバネ】:オリジナルはピアノ線を有り合わせのリン青銅版
厚さ約0.35(出来れば0.2くらいが良いと思われる?)に変えた。追試品もリン青銅版にしたかったがないので取りあえず
前と同じピアノ線にする(回転板への取り付けは下部半田付け上部引っ掛けを止めてピアノ線を輪っかにして2本引き出して
輪っかの方を回転板にネジ止めした)。回転板の戻りバネ側止めL金具と左右接点は仮止めしてツマミを操作しながら適宜
良い位置を見付けL金具をネジで止める(バネを止める強さも含めここで自分にあった位置を見付けるのがポイントと思われる)。
打つのに微妙に不具合を感じたり、上手く打てない時は打ち方が悪いよりも部品位置バランスが悪い場合が往々にしてあると思う。
(ツマミの操作は手首を回して(ドアノブを回すように)を意識して操作すると比較的安定して打電出来る。それがポイントと思われる?)

組直しでガタは無くなり今までに比べると安心して使えるようにはなりました。が、追試2台目で適用した 回転板2枚でバネ等を挟んだものの
方が大変安定していてバランスが取れて打ち易いと感じ、組直し品はそれに比べるともう少し何か手を加えたい調整出来ないかと感じ る。

CQ誌12月号の記事を読み直してみると回転金属板自身をバネ一体でリン青銅版(0.3t)を使うのが良いようです。それが正解でしょうか?。

和文はこの回転式電鍵で出ています符号の善し悪し等ののレポートを頂けたら嬉しいです。聞こえましたら各局よろしくお願いします。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1042]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

回転式電鍵追試2台目 その後

回転式電鍵を約6カ月使って来ましたが回転板を中央に戻すバネのピアノ線が突然折れる事象が起きるのでピアノ線の太さを
変えて見たり、二本取りにして見たりetc工夫すると長持ちはするようにはなりましたが最後は突然やっぱ折れてしまう?。どうも
接着剤等々で簡便に組立てた自分の作りの精度?が悪く、それが影響していると思い二台目を作って見た。精度?良くって
どこをどう注意して作る?。ひとつ目、ベアリングに通す(取付ける)回転板を接着剤を使わないでもベアリングになるべくガタなく
取付ける。これは回転板の幅がうまくベアリングの穴の径よりもを少し大きかったので回転板を二枚重ねて紙やすりで少しずつ
幅方向を削って重ねた二枚がベアリングの穴にやっと通るくらいに板の幅を合わせた。その回転板の間に回転板側の接点になる
銅板(0.3t)を挟み、そして、二つ目、バネのピアノ線をリン青銅板にして回転板に挟んで回転板二枚をネジで止めるとベアリングの
面に直角に回転板がガタなく取り付く。その回転板の付いたベアリングを土台に接着(操作ツマミが下に余裕持てるように土台から
ナットを使って5㎜くらい上げて、且つ、L金具で左右から補強)する。ベアリング回転面の垂直中央から直角に土台に線を引いて
それに合わせた土台の後ろにL金具を仮止めリン青銅板を挟む。三つ目、接点側L金具の穴に木ネジの先が接点になるようにねじ込み
左右に仮止めする。操作ツマミ二枚を合わせてネジで回転板に止める。サイドトーン発信器からのミノムシクリップを接点に接続し操作
ツマミを回し接点当たりの良い位置を決める。接点等の位置(L金具含む)が決まったら位置がずれない様にドリルで導き穴を開けておき
接点L金具を土台にネジ止めする。回転式電鍵追試2台目の完成です。操作感は今までよりも優しい手首の回転で符号が出て行きます。
私の乱雑な操作でもバネ等の不具合発生はなくなりそうです。追試2台目の回転式電鍵の信号が聞こえましたら各局よろしくお願いします。

(回転式電鍵追試2台目は居間出窓の台の下の物入れにセットした IC-706+4バンド1/4λワイヤーで使用します)

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1041]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

回転式電鍵追試2台目

s1040-1

回転式電鍵追試2台目はベアリングの内径をja0px標準15mmと同じにする(一台目は20mm使用)。 回転金属板はベアリング内径に
丁度合う幅15mmx長さ72mmx厚さのものが見付かる(一台目に使った金属板は18mmx100mmx1mm)。ベアリングの内径に金属板が
そのままでは通らなかったので二枚合せて金属板の幅方向を紙やすりで擦って丁度二枚が入る様に合わせる。その回転板を回転して
中央に戻る様にするバネはピアノ線を利用しています。が、製作記事では出来れば回転板自身をリン青銅板(0.3mmt)にするのが
お勧めらしい。でも、ほんの少し使うのにリン青銅板は高過ぎる(HI)なあとジャンク箱を探るとリン青銅板らしきの片を見付ける。少し
折れ目が有ったりしますが延ばせば幅13mmx50mmx0.2mmの板です。これは使えそうです。ピアノ線に変えててこのリン青銅版を
使った。回転金属板二枚の間にリン青銅版と銅板(接点用)を挟んでベアリングに回転板を通す。6φのネジのナット(厚約5mm)を
木ブロック台の中心の適宜端に接着し、その上に回転板をセットしたベアリングを接着、ベアリングの両脇をL金具で押さえながら接着し
止める。回転板のリン青銅側をL金具等で適宜仮止め、回転板側銅板接点部にペパークリップの先が接点になるよう適宜画鋲等で
接点を台に仮止めする。ツマミを回転板の操作側にネジとナットで止める。さて、モールス発信器を繋いでツマミに指を当て手首を
右に左に交互に適宜回して行くとモールスが出て行きます。只、ペーパークリップの接点では長続き出来ません。しっかりした
接点の見直しをして追試2台目を完成させます。この回転式電鍵からの信号が聞こえましたら各局お相手よろしくお願いします。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1040]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

すずめ

リニュアール前の台所で使っていた米びつ付きの収納・レンジ台を収納棚等に使かえるかもと脇屋の軒下に
使うあてもなく放って置いたのですが今まで世話になったもの掃除だけでもして物置に仕舞って置くかと引き出し
米びつ等を外したらお米が出て来て集めるとお皿に一杯くらいなった。捨てるのは罰が当たるな。かと言って食べる
のはちょっとね。で、スズメとか野鳥に食べて貰おうとお米の載ったお皿を、そのままRockmiteシャックの前の4バンド
1/4λワイヤー給電部に置く。野鳥が食べに来たら窓越しに見え易いからです。スズメが一番にやって 来るだろうな?。
スズメが来たら直ぐ食べちゃうだろうな?。いつ来るかいつ来るか見ていましたが一向にやって来ません。素通りです。
見向きもしません。他の鳥もやって来ません。一週間経ってもやって来ません。何故だろう?。警戒して近寄れないのかな?。
もう少し離れた畑の中の7MHzワイヤーを張っている釣り竿の基に椅子を持って行き、その上にお米の入ったお皿を 置く。
スズメよ!食べるのはあんた達しかいない!。早く食べて!。でも、一向に減りません食べた形跡がありません。食 べ物と
認識していないの か?。何故?。お 皿が駄目なのか?。畑に少し撒いて見たが食べる様子はありません。お皿ではない?。
精米してあるお米は食べない?。もうどうでもいいや。2週間以上経ったある日何気なく外を見てるとスズメがお皿の上に
一羽乗っています。食べてるようだ?。でも、一羽?。椅子の下の方に目をやるとスズメが居ました居ました。落ちてるお米を
食べているのか?。窓を開けると逃げるなと思いカメラを急いで取り窓ガラス越しにシャッターを2回切る。もう少し近くに
寄って見たい玄関に回り、そっと音がしない様にと玄関の戸を少し開けると一斉にさっとスズメは散っていった。慎重さが足り
なかったか、窓ガラス越しでいいからもっとシャッターを切って置けば良かった(笑)。お皿を見に行くとお米は数えるほど残って
いるだけでほとんど食べつくしていた。下にもありません勇気ある最初のスズメの一羽は皿に乗っていたスズメだろうか?。
スズメは沢山一年中居るが近くに寄ってくることはない。が、ジョウビタキはかなり近くまで寄って来るので愛嬌を感じる。
カメラを持って被写体を追っかけ続けると言うのは自分には出来ないので、チャンス良いなあと思った時だけカメラを取りに
行くことになるのですが、その時は遅しです。カメラを手に待って(少しの間ですが)いても、その時 は寄って来てくれません。HI

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1039]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

栗の木の枝落とし

栗の木がいつの間にか大変な大きさになっていた?。幹回りの下は2.6m近くになっていた。といっても幹の根元から二本の
幹に分かれていてその幹回りは1.4mと1.6mであった。高さは10m以上あって枝がもさもさの状況、毎年大きな栗が生って栗拾い等
楽しみにして来ましたが落ち葉が大変な量になります。下に落ちるだけなら良いのですが最近は大風が度々あり落ち葉が近所、
えっ、こんなところまでと飛んで来ているのと栗の木の枯葉を見るようになって来ました。また、枝が折れたり飛んで来たりしたら大変
と隣家等に 心配を掛けていたかも?。大変な迷惑を掛けないうちに(周りに落ち葉で今までも迷惑を掛けていたと思われるが)と
取りあえず高さを5mくらいにすることにした。梯子を掛けるとか高所作業車でないとエンジンチェーンソー等は使えません。梯子も
一人では危険です。で、園芸用三脚(2.5m)と伸縮高枝バサミ(1.8m~3.0m)に専用ノコギリを取り付けて枝落としを実行する。
なるべく太いところで一気に切り落として行きたいところですが駐車場の車、隣家建物に何かあってはいけないのでその方向は
後回しにしながら慎重にキリ粉が目に入らない様安全メガネを掛け厚手の帽子をしっかりかぶって進めた。2/3は何とか切り落とし
出来たが何せ園芸用三脚の6段目に乗って高枝バサミを3mに伸ばしての作業は疲れる。少しずつやっつけて行こう。

http://jm1oop.ddo.jp/ [NO.1038]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

鉛バッテリーの太陽電池・フローティング充電

自動車鉛バッテリー12Vを太陽電池12Vとソーラー充放電コントローラーを用いてフローティング充電を始めた。
4年くらい前に非常用にとホームセンターの広告に載った自動車バッテリー(40B19R)を購入(約3K?)したのですが
QRP機、チャージャーコントローラーetcで、試用後はそのまま軒下に放ってあった。電圧をテスターで測ってみると11.24V
でした。これは残量30%くらいか??。鉛蓄電池チャージャー(秋月 14.9V 3.5A)を使って充電し約32Hrで13.27Vに回復
(注意書に24時間以上の充電はやってはいけないとあった HI)。電圧から見るとまあ元気な範囲?に戻ったと思われる??。
少し放って置いたがそのままにするとバッテリーを駄目にしてしまいそうなので5年前に手に入れた(2K?)「太陽電池発電の
入門用に最適」とあった秋月の太陽電池モジュール(12V-170mA 最大電圧18V 最大電流170mA)と2年前にアマゾンで
手に入れた(1.2K)「20A 12V/24Vソーラーパネル用チャージコントローラー・充放電コントローラー」で鉛バッテリー12Vの
フローティング充電をすることにした。充電して少し放って置いてからのバッテリーの開放電圧を測らなかったので本当に回復
状態にあったかは分からない状態で太陽電池と充放電コントローラーをセットした。曇り晴れの間での太陽電池側の電圧は
12.70V~13.5V、バッテリー側(ロード側)のその時の電圧は12.50~12.84Vでした(太陽電池は角度を付けてセットするのが
ベターと思われますが風雨対策もあり軒下に平らに置いて防水対策重点に設置する)。まだ、この状態でバッテリーの使用はない。

バッテリーの満充電電圧値は13.6~13.7Vらしいので、バッテリー側の電圧が12.5V~12.84Vと言うことは60%くらいの容量に
あるのでしょうか??。WEB検索して見ましたがよくわかりません HI。バッテリーは4年経っているので寿命に来ているのかも??。

【縦振り(GT-705A)のバネ圧変更】
居間(IC-706)で専用に使っている縦振り(GT-705A)のバネは2本入っていて(最近気が付いた?)一番ゆるいところ(バネ圧は?)で
使って来たのですがどうも硬い(バネ圧が強い?)と感じて来て打電がつまずくことが多くなって来た。その私の打電右手指先(HI)なのですが
もっとゆるくしてみる事にした。バネ2本の内、内側のバネを外して且つ一番ゆるいところに合わせて見る。@100の量りを逆さまにして接点が
当たる時の量りのメモリは130gくらいを示した(同じ方法でシャック(IC-756p3)のHK-1Sは160g、HK-3Sは210g、HK-702 は220gだった)。
それと接点間隔が、ハガキ一枚がスースー通るくらい(about 0.2t)だったのがハガキ2枚(about 0.4t)くらいになった?。IC-706 50W 1/4λ
ワイヤー(1.9/3.5/7./10)からの信号は当分これで行くことにします(回転式電鍵も準備予定)。 各局聞こえましたらお相手よろしぅお願いします。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1037]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

リポバッテリー電圧チェッカー

リポバッテリーのセル電圧をチェックできる電圧チェッカーをWEB検索して見るといろいろなタイプが出て来ました。
その中に送料込みで257円の「リポバッテリーアラーム&簡易電圧チェッカー 2~8セル Lipo/LiFe/Li-ion 対応」と
言う 7セグメントのLED表示裸基板でバランス端子コネクタピンむき出しのセル電圧チェッカーを見付けた。安い!。
簡易電圧チェッカーチェッカーとあるので電圧表示のバラツキが大きいか当たり外れもありそうなので二個買って見た。
機能は簡易電圧チェッカーと2.7Vから3.8Vまで0.1V刻みでアラームの設定が出来る。簡易電圧チェッカーの使い方は
リポバッテリーのバランス端子にむき出しのコネクタピンをグランドを合わせて差すとバッテリーの総電圧(ALL)を表示、
続いてNO.1から順番に各セルの電圧が表示されて行く。一個試しに買ったリポバッテリー(3セル、11.1V)を過放電させて
しまいセルを痛めてしまっているので、この「リポバッテリー電圧チェッカー」で Rockmite 40を使ったその毎にセル電圧を
確認して過放電にならないように何れかのセル電圧が3.8V近くになったら使用を止めバランス充電をすることにした。

総電圧が12.1Vを示した時のセル電圧がNo.1から3.90V 4.08V 4.08V(ダメージを受けているのはNo.1と思われる)と表示された
のでバランス充電に回すことにする。万能充電器にセットした時の電圧表示は12.22V 4.01V 4.13V 4.12V(セットしている間に
電圧が上がった(充電された)様です?)。24分後 12.45V 4.10V 4.19V 4.16V フル充電メッセージ(110分後)12.57V 4.19V
4.19V 4.19V と揃い5回目の充電完了する。バッテリーが安定するまでは最大放電近くまで使うことは止めにします。
リポバッテリー電源のRockmite(7013/7014)からのQRPpシグナルが聞こえましたら各局よろしくお願いします。

http://jm1oop.ddo.jp/ [NO.1036]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ