梅ジュース

s1059-1
今年は梅林の周りから見ると梅が生っているところを見付けるのは大変なくらい少なくてやっと見付けて例年の40%くらい
収穫し梅の塩漬けを終える。梅ジュースを作る気もあんまりなかったが最後の収穫の中から500g取って梅ジュースを作る。
洗った後良く乾かしたビンにホワイトリカーを適宜入れて内側前面に回ったら出す。梅500gを良く洗ってから水気を取る。
その梅を楊枝の先で何箇所か突きホワイトリカーに浸けて転がしたものを瓶に入れる(ホワイトリカーは消毒用)。
次に氷砂糖を500gを入れるところですが、370gしかなかったので不足分を130gの黒砂糖を足して500gで良しとした。
ビンも少し大き過ぎたりしますがちゃんと梅ジュース出来るでしょうか。ちょと心配もありますが試飲の日が楽しみです(#^.^#)。HI

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1059]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カボチャの人工授粉


カボチャの人口受粉をやって見ようと、少しほどいた綿棒に雄花の花粉を付けて雌花中央の雌しべにチョンチョンとやって見た。
これで受粉成立は確実と思ったが後日確認するとどうも受粉不成立で受粉失敗の様でした( ;∀;)。キュウリ、カボチャ等の葉を食い
荒らす憎い害虫ウリハムシが雄花雌花に入り込んでいます。このウリハムシにでも受粉を任せた方が良いのかもしれない?(#^.^#)。
ネットでカボチャの受粉を検索して見ると先ず晴れた朝、雄花雌花が同時に咲いていること、また雄花の花粉の寿命は数時間と短い、
特に人口受粉は朝9時までに終わらせることがポイントの様です。花粉の寿命が短いとは知りませんでした。萎んで来た雄花の雄しべを
取って雄しべの頭を雌しべにチョンチョンでも受粉するのかなくらいにしか思っていませんでした HI。昼でも受粉することはあるそうですが
9時までに人工授粉を行えば受粉の成功率は100%に近いそうです。朝晴れていたら畑に先ず行って雄花雌花の確認です(^O^)/。

【ソーラー発電で鉛BATのフローティング充電 その後】
自動車12V鉛バッテリーフローティング充電のソラーパネルを2.5Wから10Wに変更してやっとその効果を少しは感じる
ことが出来る様になって来た。バッテリー単体の電圧が12.3Vより高くなることはほとんど確認出来なかったが10Wに
変更し1カ月経って、デジタル電圧計をLoad側にセットし電圧をいつでも視認出来る様にしてその電圧表示を見ていると
昼間はMAX13.1V、日が落ちた頃から24時頃までは12.9V~12.7Vを確認出来ている。日が出る直前は、それ
よりも下がっているかもしれないが確認していない?(起きれない HI)。4年目になる車のバッテリーの車キーオフの時の
電圧をテスターで測ってみたら約12.7Vでした。フローティング充電に使っているバッテリーは購入してから5年以上 経って
いるものですから似たようなものと見るとバッテリーは正常に充電されていて元気な状態とみていいでしょうか?。(≡^∇^≡)
いざと言う時に使えないと言うポテンシャルも有るでしょうから偶に停電等を想定して使うこともやらないといけません。無線?。HI

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1058]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

とんがり接点(回転式電鍵)


回転式電鍵の製作記事(CQ誌H28/12)に接点はとんがりが推奨されていました。で、追試2台目は3㎜の木ネジを
接点に使って作りました。追試3台目も同じ接点でと思っていたのですが接点を取り付けるL金具にネジをねじ込む
穴の大きさを間違えた。3㎜の木ネジをねじ込むには2㎜くらいの穴が良かったのですが勘違いして2.8㎜の穴を
開けてしまって3㎜のネジをL金具に食い込ませることが出来なかった(ゆるい)ので普通の3㎜ネジで良しとし接点に
なる先もとんがり加工をしない(加工が上手く出来ないので HI)でそのままにした。出来上がり接点の具合は特に問題
ない様に感じ快適?に使って来たつもりでしたが、最近微妙に接点が接点の辺りがうまくない符号も可笑しく感じる?
様な微妙な違和感?ちょっと変だ?とか???に陥ることが多くなった。やっぱしとんがり接点にする必要がありそう
です?。で、3㎜ネジを4㎜?木ネジを慎重にねじ込んで何とかとんがり接点に変更することが出来た。4㎜木ネジには
L型金具の肉厚が薄すぎて(普通のネジをとんがりに加工ベターでしょうか?)中々真っ直ぐに接点が当たらない(笑)。
調整が何とかなると凄く良い当たりの接点当たりになっていると思う?。とんがり接点からの信号が聞こえましたら
各局よろしくお願いします。

【ローカル自作のアンテナアナライザー】
ローカルからアンテナアナライザー作りました。デイップ点動作は問題ないと思うけど既製品のものと周波数等確認させて
貰えるとTELがありました。えっ、アンテナアナライザー作ったんですか凄いです。拝見するだけでもワクワクしてします。
MFJ-259(1996.1)とBR-510(2006.10)で1.9~28MHzを比較して見ました。ほとんどSWR最小指針の周波数表示に差は
ありませんでした。ローカルの自作品にはいつも感動します。(自分はアンテナアナライザーを2台も持つになったのは雑誌
記事等アンテナを追試ている内に1台目に疑問?を生じて2台目を購入してしまった。知識がないばっかりに..(≡^∇^≡))

http://jm1oop.ddo.jp/ [NO.1057]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

MLA (マグネチックループアンテナ)


2014/10のジャンク市で手に入れたマグネチックループアンテナ(スモールループアンテナ MK-Ⅱ トロンボループ by JA1QOJ)を
久方振りに使って見た。その頃雑誌WEB等によく載り「MLA」話題になっていた事もあり手にしたのですがアンテナアナライザーで
動作を確認したことと、14MHz~28MHzになっているが7MHzで使えないものだろうかと同軸でコンデンサを作って試したりしたものの
駄目でした。ネットで検索して見ると直径1mくらいにしないと7MHzを乗せるのは無理らしいことが分かり?軒下に放ってあった。
MLだったか?、2017年ALL JAφ 21/28MHzコンテスト(6/3 9時から12時)の情報が流れて来た。思い付きで21/28MHzにEsの期待
もあって、簡便に21/28MHzにQRVするならと、放ってあったMLAに目が行った。1.9/3.5/7/10の1/4λワイヤー一括給電部の改善
(主に防水)をしようと打ち込んだ1mのコンジットパイプ(打ち込んだは良いがそれから改善が進んでいない)を利用しMLAを設置する。
MLAの給電部までの高さは約140cmで長形の輪っかのコンデンサを2本の紐を交互に引っ張って長形の大きさ(長さ)を変化させる
ことで容量を調整する高さには適宜な高さです。リグはこれも久方に登場のFT-817NDで、電源は①FNB-85(付属純正品9.6V 1,400mA)
、②「リチュウムイオン電池11.1V 2.6Ah」(ハムフェアジャンク品)、③釣りリール用リチウムイオン電池12V5A(最強?)の三つを準備?
(思い付きのQRVで何れの電池も不安な状態で①満充電にならない非力品、②FT-817NDで実績なし、③LED表示は1/4の容量。 (#^.^#))。
21/28MHz半分ずつで先に21MHzにQRVすることにしMLAを21.06辺りにアンテナアナライザーの力を借りながら調整する。SWRは簡単に
1.1以下になると思ったが微妙で1.5以下で良しとする。①の電池を繋いで28.050の下から28.080まで周波数ダイヤルを回していくと沢山
ではないが聞こえて来ます(^^♪。信号が聞こえていないところでFT-817NDのSWR表示を確認しようとキーを押すとポツンと電源が切れる。
あちゃー、①は使えない。②に付け替えFT-817の電圧表示を確認すると12Vですが送信時は9V台になってしまいます。電池抵抗が大きい
のか?。2局で止めにする電池②を駄目にしてしまうポテンシャル大です。電池③に交換する。QRVしてから約30分で8局で、今度は
③の最後のLED表示が点滅して来ました。電源尽きてしまいました。最後1局追加、合計9局(3-1局、 4-4局、5-1局、6-1局、8-2局)
で、約一時間のQRVで21MHzのみです。電源(電池)無しで28MHzは諦める。HI 「MLA」 この高さ開けていない場所で飛んで行くって
(Eスポ等のお陰が多々でしょうが)、見晴らしの良いところに持って行ったらと思いますが大きさと1Kg+ポールは私の簡便には難しい?。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1056]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

キュウリ etc


キュウリにうどんこ病が発生した。農薬(と言っても自然の成分を使ったものにしたい)を買って来ようと思ったが
あるものでとWEB検索をしてみたら砂糖液に食器洗剤が効くらしい。配合がよくわからない。で、180ccの容器、
スプレー容器を見付けたので、それに水を一杯にして砂糖をティースプーンに半分くらい入れ溶かし、さらに
食器洗剤を3滴垂らしてかき混ぜて葉にスプレーして見た。効いてるような効かないような?でもやらないよりは
良いかも?。当分様子見です(≡^∇^≡)。買ってきた方が早いかな(笑)。キュウリが下の節の方には出来ています。
が、下から5節の芽欠きをしておかないと後々上手く育たないようなのでここは目をつぶって芽を欠いた(折角生って
るのに勿体ないと思いながら(=⌒▽⌒=))。沢山キュウリが生りますように!。\(^▽^)/

【灯油バーナーで草焼き】
畝間通路の草は土が踏み固まっていて草取りが大変です。腰も痛くなるし、灯油バーナーで焼く事にする。
灯油バーナーも案外面倒と言えば面倒ですが焼き畑の効果は少しはあるでしょうか?。通路には使えても野菜が
植わっている畝には使えません。梅雨に入る前に一通り草をやっつけておきたい。また、直ぐ生えて来ますが(‘ω’)I。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1055]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

トマト雨よけ


トマトの実が育って収穫が近付いた頃に沢山の雨が降ったりするとそれが原因なのか?実が割れてしまったりする。
自転車での通勤路の菜園のトマト区画にトマト雨よけの簡易ビニールハウスを設置してあるのを多く見る様になって
来た。で、自分も試して見ようと「トマト雨よけ菜園セット(アーチ三つ、通しパイプ3本、パイプ止め9個、ビニール
シート一枚、ビニールシート止め10個、黒マルチ一枚)」を仕入れて設置してみた。苗3本植えるのが良いとこかなとは
思ったが欲張ってミニ2本、中玉1本、モモタロウ1本の4本を植えて見た(#^.^#)。3Kの投資、これで割れは本当に
起きないんでしょうか?。実は雨に当たるとトマトの実が割れる?と聞いても何でと?聞いてみることも考えることも
してなかった HI。設置してから何でになった(≡^∇^≡)。ネット検索するとトマトは高原地帯原産のもので乾燥している
環境を好むとか。それで、水分が多く含まれるところに、雨に降られ急激に水分が吸い上げられると実が割れることに
なるらしい。また、味も薄くなったりするらしい。ふーん?。いろいろな原因もある見たいですが水分管理が大事とか。
適用したトマト雨よけで解決と言う事でもなさそうです。畝を高くしてマルチで覆うだけでも案外良いのかも知れません?。
雨よけのものと今まで通りの対策なしとで、どんな差があるかトマト収穫時期の雨の後が楽しみです?。

(雨よけは無いところの購入苗、購入種、自前種のものの出来の違い味はどうかも楽しみです)

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1054]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

鉛バッテリーの太陽電池フローティング充電 その後


12V自動車バッテリー(40B19R 5年前購入)を 2.5W(12V max170mA)のソーラーパネルと充放電コントローラーを
使ってフローティング充電を約5カ月行って来ましたがバッテリー単体の電圧を測ってみると約12.3Vです。ローカルの
充電システムは10Wソーラーパネルを車の屋根の上に載せてたもので座席の下のキャンプ等用バッテリーの電圧表示は
14.1V(動作中)で、バッテリーは何時使っても安心な状態にありました。それを拝見してから10Wにしようになった。HI
10Wは人気が有るでしょうか?。ローカルと同じものは品切れが長く続いていた。20W etcの上のパワーのものと思いましたが
特に次の目的もないでやっていることもあり値段、大きさ etc etc考えると10Wで十分です。また、ローカルで実績のあるものと
待っていると10Wで997円と言うものが出て来ました。安過ぎる?。何か疵等でもあるのか?。それにしても怪しい?。でも、
ほんとに997円送料無料に自分の使い方で12V10Wの性能があるなら何でも良いかと注文に進めて行くとコンビニ支払いには
対応していないようです。最近詐欺も多いようです。事件に巻き込まれても困りますので止めにしてローカルと同じものを
待って、やっと手に入れました(只、写真の商品の顔と違ってた)。単結晶 10W 12V(max 18V-0.5A)説明書はありません。
パネルの裏に貼ってあるラベル(扱いショップ名と性能表示)だけです。早速電源コード(コードの付属無し)を半田付けして
2.5Wのパネルからの電源コードが繋がっていた充電コントローラーのソーラー端子に繋げてみる。劇的な変化はない(笑)。
取り付けた曇りの日の15時頃の開放電圧は20Vで、その+-を短絡して見ると短絡電流は約50mA程度です。設置場所とか
設置角度で出る性能は大きく変わると思われますがやっと手に入れたにしてはパワーアップの感動は何もありません(≡^∇^≡)。
「ソーラーパネルの性能を引き出すには」と言う次のステップに入らないと遊べないでしょうか、取りあえずこれで様子見です。HI

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1053]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ