VN-2002 その後

VN-2002(CW QRP Transcever VNシリーズ14MHz版キット)のRF部(受信&送信
部)の実装部品の半田付途中で後残り抵抗32個(8種類)まで来たが止まってる(#^.^#)。

s1168-1
コンデンサ半田付け終盤で0.1μ3個の内の一個を基板の位置に持って行こうとピン
セットで挟もうとすると何故かチップコンデンサ0.1μがパレット外に飛んだ
( ゚Д゚)。プラスチックピンセットを使っていて飛んでもステンレスパレット内でずっ
と済んでいたのにチップ部品をそっと挟むピンセットへの指の力加減、加圧が少し大きくて弾いた様だ?。

さて、チップ部品は何処に?。パレット内を再確認、机上を慎重に探すがない
( ;∀;)。机の下を手帚を使って丁寧に埃etcを集めて拡大鏡でチップ部品らしきものは
ないか探がない(-_-メ)。最後に普通のセラミックでも付け試す?( ゚Д゚)で諦めることにする(#^.^#)。

0.1μ装着のひとつは後にして作業を進めるかとパレットを眺めていると机の手前
端っこに何かある?。もしかしてチップ部品?とメガネ型拡大鏡で近づいてみると
チップ部品でした(^O^)/。0.1μ以外に考えられないがチェッカーのチップ部品
測定端子部分にそのチップ部品を乗っけて測定スタートボタンを押すとと間違いなかった(@^^)/~~~。

s1168-2
ですが、最近の連日の極暑等でVN-2002の続きの半田付けが進んでいません(#^.^#)。
何とか再開し、完成させてハムフェアーに持って行きたいと思っているが(出来ればVN-3002も)。

(VN-シリーズ CW QRP Transcever by JL1LNQ)

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1168]

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中