VN シリーズキット その後

VNシリーズキット(Pocket Size QRP CW TransceiverVNxx02)は40m、30m、20mの3バンド
3種類です。そのうちのVN-4002(7MHz)が2017/8頃に最初頒布された。MTR(Mountain To
pper)と言うアメリカのトランシーバーの日本版のように思え使って見たいとの思いが強くなっ
て来て表面実装部品のフルキッ トを組み立てられるか分からないのに申し込んだ(#^.^#)。
が、何とか組立する。2018/4頃から7MHzは主にVN-4002で毎日QRVしています。楽しい(^_^)。

その後30m、20mの頒布も始まる。使って見たいが40mの様に組立てられるか心配が先行
し、もやもやが続いていたがCQ誌に記事が載ると作るべきでしょうになって注文(@^^)/~~~。
届くと机の上に2キット並べていたが、組立開始でマニュアルに有るポイントをじっくり読む。

さて、VN-3002のコントロール部から始める。@100ステンレスパレットに基板と部品を用意してチップを
飛ばしてもパレット内で済むようにする。ピンセットは@100プラスチックピンセットを使う(金属ピンセ
ットよりも飛ばしても飛ばないように思う?)。

ハズキルーペ擬きを老眼鏡の上から掛けてチップ部品と一緒に袋に入っている部品名等が記されてる、そ
の紙から部品番号を確認し基板上の部品の位置を確認する。ビニール袋からチップ部品と部品名等が書か
れた紙を取り出し紙を糊でメモ紙に貼って置く(半田付け毎、紙を貼る)。ハズキルーペ擬きを外す。

半田付けは双眼実体顕微鏡を最小拡大(8倍でこれ以上倍率を下げれない(#^.^#))にし、前もってランド
の片方にフラックスを塗り半田メッキする。チップ部品をランドに載せ爪で押さえながら半田メッキして
置いた方に半田鏝を当て温め仮半田する。それから反対側にフラックスを塗って半田付けする。さらに、
仮半田して置いた方の確認も含めて半田し直すまでを繰り返します(これが自分の半田付け手順(#^.^#))。

コンデンサ取付け全部と抵抗3個まで来たところです(#^.^#)。時間作り、集中力の維持も考えるとまだまだ
これからです(#^.^#)。コントロール部が完成したら高周波部には行かずVN-2002のコントロール部を先に
進めようかと思案中。半田鏝、鏝先も古いので新調するのも先かなとか焦らず楽しめればと思う(^◇^)。

(VN-3002,2002の完成免許は当分先。VN-4002の信号が聞こえましたら各局お相手よろしくお願いします)

http://jm1oop.ddo.jp/ [N0.1158]

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中