畳下板張替

畳の傷みが気になって来たので畳屋さんに点検に来て貰うと畳床は何ら問題なく畳は表替え
のみで十分なようだが、他に問題があった。畳下板が酷く傷んでいた( ゚Д゚)。築40年です。
抜け落ちそうな板だけ直すでは意味がないでしょうから和3室全部の下板の張り替えを決める。

下板張替えは大工さん仕事です。さて、大工さんは?、家を建ててくれた大工さん、親戚の大
工さん、義兄も大工さんでしたが、その三人とも今はいません。近所の大工さんに相談する。

仕事日程、天気良くetc、運よく引き受けて貰う。畳屋さんと連携で6日間の予定で家具等etc
の移動をしながら生活しながらの工事でしたが職人さんのお陰でスムーズに全てが完了する。

新しくなった畳の部屋に初めて寝た朝に感じたことは今までと違う背筋が真っ直ぐに気持ち
良く寝れたと思った(^^♪。それは今まで真平でなかった思われる状態が、真平に張られた
下板の上に真平に調整された新しい畳が入って、その真平な畳に寝たお陰と確信する(^^♪。

畳屋さんに背筋が真っ直ぐになって気持ち良く寝れました。今までと全然違います。有難う御座い
ましたとお礼を言うと、それは大工さんが下板を真平に張ったからですと返って来た(@^^)/~~~。

畳屋さんのお陰で下板の張り替えに繋がり大工さんの技と畳屋さんの技で有り難い事でした。TU

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1157]

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中