GAWANT (アンテナ)

しながわハンコ倶楽部の「GAWANTⅡ(伸長1.5mのロッドアンテナを使った1/2λ電圧給電の
アンテナ)」と言うホイップアンテナをしながわハンコ倶楽部公式GAWANT通販部から入手した。

2017ハムフェアの「しながわハンコ倶楽部のブース」でGAWANTの頒布があった。その時手に入
れてみようとブースに寄るが、もう売切れだった。が、GAWANTの回路図の載った説明書を頂いた。

その説明書の回路図から追試されたのかブログ等にいろいろ試された様子が載っていたので、
自分も作って見よう。7MHzにも使える様にと思っていたのですが1.5mのロッドアンテナ等を手
に入れる機会がなかった(長い間経過(#^.^#))。が、しながわハンコ倶楽部公式GAWANT通販部
のTwitterに「在庫有ります」と流れたので先ず使って見るかと申し込みし送って頂いた(^◇^)。

ネット取扱説明書によると作成定数で14~29MHzに同調の様です。FT-817のリヤーMコネクタ
にL型のM-BNC変換コネクタを取付けそこにGAWANTを取り付けロッドアンテナを1.5mに伸ば
しBANDを14MHzに合わせダイヤルを回してノイズが一番大きくなるところに合わせてキーダウン
するとSWRバーグラフは表示されません(^_^)。同様に18,21,24,28も合わせると簡単にSWR
一番低いところに合わせることが出来た(^^♪。でも、私にはFT-817は大きすぎる重すぎる(#^.^#)。

で、HB-1Aで庭で試して見ることにする。電源は自作ソーラーパワーシステム(#^.^#)から取り、キーは
ハイモンドのHK-707を膝に BAND 14MHzで GAWANTのダイヤルを回しノイズが一番大きく聞こえ
るところに合わせる。キーを押して見るが HB-1AにはSWR表示がない(パワー表示有)ので良いの
よく分かりません(^◇^)(ノイズが一番大きいところで問題はないと思いますが?)。

そこで思い付いたのは以前作った「ビジュアル電界強度計(元FCZ研究所のキットで、現在はキヤ
リブレーションで頒布)」を使ってLEDの点灯が確認出来る範囲にビジュアル電界強度計を置き、キー
を押し電波を出しながらHB-Aのダイヤルを回してLEDが一番明るくなるダイヤルの位置とノイズが一番
大きくなる位置を比較確認するとほぼ同じ位置と確認出来た(^^♪。

14.049でCQingして見ますがRBNに載りません。OTHレーダー?9オーバーで入って来る( ゚Д゚)。
中国の信号が聞こえて来ましたがQSBがあってピークでもS5くらいでコールしても応答無しです(>_<)。
で、約3km先のローカルにヘルプです(#^.^#)。初QSOはローカルにお願いし無事交信出来た(#^.^#)。
ローカルは10mhのブロードバンドアンテナ(BB6W)に50Wで599オーバーで入感する(6.5m
長のブロードバンドアンテナだったと言うのも何か(*^^)v)。こちらへのレポートは569を頂けた(^◇^)。

GAWANTを使っての信号が聞こえましたら各局お相手よろしくお願いします。

(「GAWANT(ガワント)別名「しながわアンテナ」: JF1QHZ / しながわAA46さん製作)

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1154]

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中