VCH式アンテナ

s1130-1
s1130-2
s1130-3
久し振りに7MHzのVCH式アンテナを作って見た。最初はCQ誌2006年11月号の記事でVCHアンテナを知り7MHz、3.5MHz、
1.9MHz等で試したのが始まりで、数年いくつか作っては作り直しetc楽しんだ。その残骸でアクリルボビン(21φ13cm長)に
1φのエナメル線巻いたコイルが棚の隅にまだ乗っていた(7MHzロッドアンテナに活用を模作してた)。そのコイルを見ると
何故か?VCHアンテナを作り直してA1 OAMにチェックインして見ようになった(#^.^#)。VCHアンテナのオリジナル寸法は
7MHzをベースに上側エレメント1.35~1.4m+ミニループハット+コイル+下側エレメント3.4m+グランドエレメント5.2mです。
コイルの推奨?は「直径を大きく、なるべく太い線を使って500mlのペットボトル等に巻く」ですが私の作ったコイルは径21㎜の
プラ筒に1φエナメル線を密着巻したもので、このコイルに上側エレメント繋げ7MHz1/4λのホイップになる様にG線1/4λを
付けてコイル巻き数を減らしていくと(アンテナアナライザーBR-510使用)と約50μH(コイル長約97㎜)辺りに落ち着く?。
さて、釣竿(グラスファイバー 小継 渓月 硬調 仕舞寸法43cm 14継 全伸長4.2m)を使ってVCH式風に組立てます。
ミニループハットは無し、下側とグランドエレメントはオリジナル寸法でその間が給電点。上側エレメントを7010辺りでSWRが
下がる様に調整すると長さは約1.05m辺りになる。給電点からHB-1AのアンテナBNCに接続してHB-1Aでワッチ開始コンディションは
良くなさそう?聞こえて来てもQSBもあって弱い、CQingして見るがRBNにも載らない(>_<)。HB-1Aのダイヤルを回していると3エリア
の信号が599で落ちて来たのでコールすると579が返って来た(^^♪TU。16時過ぎたので終わりにし翌日15時頃試すと6から599、
8から579が返って来る(^^♪TU。さて、本番OAMの日3.5はIC-706 50W 1/4λwireでチェックインし、次は7MHzですがコンディション
良くない( ;∀;)。VN-4002 3W VCHセットの外で信号が上がって来るのを待つのは気温も低いし止めにして結局シャックからDP
でチェックインとなった(#^.^#)。折角作ったVCHアンテナ翌日のQRPコンテストで試す。リグは電源006Pで足りてしまうMTR-5B
(リグ180gと電源006P済んでしまってHFにQRV出来ると言うのはそれだけでわくわくする(#^.^#))にする。無駄に電池は使え
ないので呼び回りに徹することですが9時にCQingしRBNに載るか試すが駄目です(#^.^#)。コンディション悪いのかな?、QRP
Test CQingがVCHに落ちて来ませんがポツポツ7,6,1,2,5,2,4,6の8局でNiMH006Pの電圧が50分使用で7Vまで落ち送信すると
電源が落ちて終了。AJD何とかと思いましたが8,9,0のCQing落ちて来ず見付けられず。3見付けたところで送信不可(#^.^#)。

釣竿230g+コイル60g+エレメントetc80g=合計約370gのVCHアンテナからの信号が聞こえましたら各局お相手よろしくお願いします。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1130]

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中