Pickit3 互換品 その後


Pickit3互換品を手に入れるならVN-4002のバージョンアップだけではもったいないな?と、他に使う予定はなかったのですが、
直ぐ使って見たくなるようにとアダプタボード(ICSP書き込みアダプター)、ブレッドボードが付属しているセットものを買っていた。で、
手持ちPICIC 12C509、12C509A、12F509をアダプタボードの取扱説明書(IC毎のジャンパ・ショートバーの設定位置)を見ながら
3カ所設定しゼロプレッシャーICソケットの8Pタイプ指定位置にPICICを取り付ける。書き込みソフト(MPLABX IPE)を起動した
PCのUSBに繋げたPickit3にアダプタボードを接続する。デバイス設定(IC名)。ネットからD/Lして置いたエレキーのプログラム
(hexファイル)を読み込みデバイス(Pickit3から電源供給設定)にコネクトしてプログラム書き込みボタンを押して見た。
12C509と12C509Aはデバイスへのコネクトも出来なかった?。12F509はコネクトは出来るがプログラムの書き込みが出来ない?。
ソフトで何れのICもデバイス設定が出来るので素人でも簡単に何れも書き込みが出来るのではと思って期待したのですが( ;∀;)。
そんなに甘くない?。ネットを見るとPickit3からの電源供給設定では電源容量が足りないのかもしれない?。電源容量不足が
原因でターゲットデバイスへの接続失敗が起きるとか?。外部電源供給でやる必要があるとか?。書き込みにはある程度の
電圧が必要と思うので外部電源と言っても、さて?になっています(#^.^#)。Pickit3から電源供給すると書き込み電圧もそれなりに
対応すると言うことと思い分からん人でも簡単に書き込みが出来るのではと踏んだのですがそうではないのかもしれません。?
ネットのPickit3の使い方で出て来るPICICを手に入れればいいのでしょうがそれをエレキーに繋げるのは自分には難しいかも?(#^.^#)。

結局??で、終わったのとブレッドボードの手持ちはあったし、ゼロプレッシャーICソケットも出て来たのでアダプタボードも
自作すればPickit3互換品だけ手に入れるにすれば投資金額1Kちょっとの半分以下で済んだかもしれないでした?( ;∀;)。

【ヒサカキ】台所の裏側外にサカキ似(ヒサカキ?)の木が風の子、鳥等が運んできた種から生えていた。この類の木の葉は
我が家ではサカキの代用にして神棚に飾ったりするので雑に扱っては行けないだろうなと思うこともあってついついここまで
放って来た。が、このままにして置くと家に害になって来て厄介なことにもなりそうです。今のうちに取り除くことにする(生えて
来たばかりのとき見付けた時引き抜いて置けば良かったのですが)。塩で清めた後に鶴はしを使って根っこから一気に扱げばと
鶴はしの先を手始めに慎重に入れると何かに当たる?。ガス管?、水道管?と不安になって手スコップで少しづつ掘ると菅の
鶴はしの先で管の保護材に疵を付けていた( ;∀;)。手スコップだけで丁寧に掘って根をノコギリで切り取り根も全部取り除く。
後は管の保護を適宜に土を戻し無事完了。塩で清めてから作業開始したので手スコップでの慎重作業で進めることが出来た(^^♪。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1088]

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中