EFHW アンテナチューナー


EFHWアンテナチューナー(ハムフェア 2013 バージョン by ja7qil)をQRPp機Rockmite40(7MHz 500mW)に
約20m長のワイヤーを繋げて使いRockmite40での交信の内の約半分と交信しました。そのあとフルサイズ
ダイポール(給電点約5mH)を追加しアンテナの切り替えが出来る様にしていましたが、ダイポールの方が
出番が多くなっていた。また、1,000交信を越えて一応Rockmite40での運用を終わりにし他のバンドも出れる
QRP機MTR-5B、HB-1A等を使うようになって、取りあえず10MHzに出られるように7MHz用20m長ワイヤーの
長さを約14mに縮めた。短くなった分ただ張りやすいように張る方向を西南から東に変える。カウンター
ポイズは7MHzの時は未使用でしたが、10MHzでは約1m長のワイヤーを取り付けて使用。これでバンドは
変わりますが10MHzでEFHWアンテナチューナーに、また活躍してもらうことになる。当分HB-1Aから7MHzは
ダイポールアンテナ、10MHzは片端給電ワイヤーアンテナ(by EFHWアンテナチューナー)からQRVします。
7003近辺に加え10126辺りからの信号、特に10MHzの信号が聞こえましたら各局お相手よろしくお願いします。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1083]

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中