CW 送受信ソフト?と和文QSO

交信したことがない和文コールが聞こえて来たので、これは交信して頂こうと回転式電鍵でお呼びすると応答があった。
キーは回転式電鍵という複式のキーですと紹介すると以前はモービルで複式を使って運用されていたようです。が、今は
最近は「DSCW(DigitalSoundCW)」というモールス送受信ソフトを使ってキーボード送信しているとのことでした。私の打電も
そのソフトで解読表示されているようなので表示状態を伺うと大丈夫の様でした。ソフトとの交信?と言う感じもしないでは
なかったですが、了解出来る範囲で解読表示されているのは回転式電鍵での打電に安心してもよいかな?と安堵する。HI
(和文は回転式電鍵で出ています符号のレポートを頂けたら嬉しいです。聞こえましたら各局よろしくお願いします)

さて、コンテスト、サービスCQing局等に縦振りでコールするとJM4UU?、UUP?、UU? etc? とか返って来て、自分しかコールして
無いと思われる場合等はどうも私のキーイングがそう聞こえているのか?。しかし、1が4とか、OがUとかに聞こえるのは考え
にくいので、もしかしたらそう見えている?ソフトがそう表示している?のかなあ?と感じる場面に会うことがある?。定かでは
ないのでCW解読器(Z80スーパーファンタジックキーヤーの機能のひとつ)、CW解読ソフト(Win_CW)等で、試すと似たような表示の
時があり、そんな気がする?(その時CW解読器、CW解読ソフトが適切な設定状態に調整出来ているのかは分からない?HI)。
もっとも、これらを解読器、ソフト等の性だけにし、自分の打電を棚上げにしていては進歩はないので打電チェックをCW解読器、
ソフト(Win_CW)を使って偶にやることにした。印字機能で符号の長点・短点・間隔を観察すると解読はされているものの綺麗とは
とても言えない(笑)。精進あるのみと教えてくれる(が、解読されてれば、そんなに気にする必要もない?とも思います HI HI )。

また、QSOの相手だったみたいな「DSCW」がどんなものか気になったのでインストールして見た。検出レベルを適宜設定すると
解読し(和文)、ひらがなの表示で読み易い(Win_CWはカタカナ表示)。短点・長点・間隔の表示は窓が小さく確認しずらい。
キーボード送信はPSK等で使ったインターフェースを繋げば動くんだと思いますがが今のところ興味はわかないのでパスする。
(短点・長点・間隔の全部を自分で作る符号を楽しめる間は楽しみたいと思う。(Rockmiteはエレキーですが HI))

打電符号の短点・長点・間隔の状態の確認にはWin_CWの印字機能が簡便で使い易いと思いますが、いつも綺麗な符号を
打電している某OMは自分の打電をテープレコーダー、ICレコーダーを使って自分の符号を聞いて確認しているそうです。
録音機等で自分の交信を録音して、その符号を聞いて自分に納得出来る符号か?を確認するのが一番かも知れません?。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1044]

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中