ヘリカルホイップ風?アンテナ

s983-1簡便移動用にと以前に手に入れた仕舞寸法42cm、14本継ぎで長さ4.2mの釣り竿に 偶々あった7.8m長の
ワイヤーをヘリカル風?に巻いて(手元側にワイヤーが緩まないようにテープでワイヤーを留め適当に巻いていく
5分以上掛かった)行く。釣竿の先端辺りでなるべく巻き終わるようにしたホイップアンテナを試してみた。カウンター
ポイズは10m長のACコード一本。マッチングにはミニアンテナチューナー(Zマッチ、Tマッチ  by ja7qil)とオート
アンテナチューナーT1を使う。リグはHB-1A(出力4W)。マニュアルチューナーのLED点灯が最も暗くなるダイヤル
位置を4Wの大きい出力(リグに出力調整無い)では探すのは難しいのでマニュアルチューナーの調整はア ンテナ
アナライザー(BR-510)でSWR 値が最小になるように合わせた。T1はリグの出力を入れてチューナーのTUN
ボタンを押すことで自動的にマッチングが取れればSWRが一番低いとこ ろで調整が止まる。HB-1Aは7,10,14MHz
と3バンドなので、それぞれチューニングを取ってみた。Tマッチの手動チューナーがいずれのバンド もSWR1.1
以下に直ぐチューニング出来た。T1はチューニングに少し時間が掛かる場合があった(どうもカウンターポイズが
一本だからかもしれない。適宜増やせば解決と思う?。)が いずれのバンドもマッチングは取れる(電波が出せる)。
QRVして見る7MHzは香川県高松市(MTU)、宮 城県多賀城市(MTU)、熊本県人吉市(T1)の3局、10MHzは
長崎県長崎市(T1)の1局、14MHzには落ちて来る信号がなかった。QRVは15時頃でしたが7MHzも落ちて来る
信号少く、また、10MHzもやっと見つけた状況でしたのでコンディションが良くなかったのかも知れません?。
只、持ち歩くときは仕舞寸法43cmのコンパクト竿は良いのですが竿よりも長いワイヤーを移動先でワイヤーを
巻き付けるのはやって見て巻くのが途中で面倒になっきたりしたので、この方法を試すのはこれが最初で
最後になりそうです(笑)。 この竿の簡便と合体するのはやはりVCH等が合っていますでしょうか?。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.983]

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中