Rockmite 40 で 縦振り

s954-6Rockmite 40(7MHz QRPp CW トランシーバー)に縦振り電鍵を繋ぎ符号が出た?。このRockmite 40 トランシーバーには
エレキーICが内蔵されていて電源を入れるとエレキーモードで起動する。電源を入れる前にパドルを繋げて置いてパドルの
右か左のレバーを押しながら等電源を入れるとストレート(縦振り等)モードになる(押した反対接点側がストレートキー接点)。
ストレートモードの時パドルを繋げたままパドルのレバーでキーイングすれば押した通りのストレート符号?が出て行くのですが
横一方向に打つのでキーが動いてしまったり、そのうちパドルが壊れそうな打ち方になって来たりで、やはり縦方向、上から
打たないと上手くありません。Rockmite 40 のキーはA1club の頒布で手に入れた「絆キー(パドルと縦振りのコンボキー)」を
専用に使っている。その縦振り部を使えばいつでも難なく縦振りの信号をRockmite 40 から送り出せるはずだったのですが
今までRockmite 40 では使えないでいた?。縦振り部でキーイングすると信号が出て行かない現象が発生し、その原因が分
からないで、そのままにしていた。ストレートモードの時パドルのレバー操作では問題なく信号が出るのに縦振り部でキーイング
すると信号が出ない現象の発生に何が違うのか頭が止まっていた(笑)。で、接点に違いがあるのか?縦振り部の接点にミノムシ
クリップで他のキー(HK-1S、HK-3S、HK-702、GT705A、etc)を順次繋いで信号が出ないことがあるのか試してみた。同じに信号
が出ないキーは絆キーの縦振り部と同じGT-705Aで、他も信号が出ない時が少なくなるが発生した。ミズホ通信のベビー電鍵と
ボタンスイッチキー等は殆ど信号が出ない現象は起きなかった。で、試してみても私には???に変わりはないのです(笑)し
測定器等を使って接点の波形等の違いを見ることも出来ないので、いつものえいやでコンデンサを接点に付けて見た?。
取り合えず0.1μと、でも駄目な時また半田付けのやり直しは面倒です。ICの丸ピンソケットを半田付けして、コンデンサを
簡単に交換出来るようにし0.1μを取り付けてキーイングして見ると信号が出ない現象は大変減りましたが未だ駄目です。
ジャンク箱を探して見ると1.5μが出て来ました。どうなんだろう?。1.5μに変えるといい感じです。符号は大丈夫です。
現象原因は???ですが良しとなった HI(キーイング接点の波形とエレキーICのプログラムのチャタリング処理の相性で
しょうか???。他には、ICのコンデンサを変えるとか???)。これ以上の対応は難しいので結果オーライです。HI

逆サイドの信号?にコールしたり、CQに応答して貰えたと返すとどうも逆サイドの信号??、etc 難儀?していますが未だに、
Rockmite 40に、はまってる HI HI。Rockmite 40縦振りからの weak signal(7013/7014) が聞こえましたらよろしくお願いします。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.954]

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中