地上高0メートルアンテナ?

s914-37MHzのアンテナを地面に置いて電波を出して見た。 facebookのラインに今受信中かもしれない周波数が分かるリグの
写真が流れたので周波数を合わせてましたとコール を入れてコメントして見るとQRTされたと、で、その周波数で適宜CQを
出して見た。同じ写真を見ていたかは?ですが 4局(兵庫、足柄下郡、練馬区、茨城 とレポート or and NAMEの交換)と
お相手頂く。が、その中にアンテナがグランド レベルANT(地上高0m3枚アルミ板ANT)?を使っているらしい局があった。
どんなものか興味が沸きメールで 交信頂いた局にそのときのアンテナはどんなものか聞いて見るとその時のアンテナは
「地上高ゼロメートルΦ35cm LING ANT」で リグの出力は50Wとの事でした。写真を拝見すると同軸のリングが地べたに
置いてあるだけのようだ?。地中アンテナ?、地面アンテナ?。昔々FCZ誌だったか?JH1FCZ局が偶々地面に置いた
アンテナから聞こえて来た局をアンテナを地面に置いたままコールしたら交信出来たようなこと?が載っていて不思議だ
と思った事を思い出した。また、地中アンテナの実験は近年のCQ誌だったか?。なんか難しい内容だったが不思議だ?。
技術的な事等は、分からんので、まあいつもの事ながらそれは置いといて、アンテナを地面に置いて受信出来るか先ずやって
みることにする。アンテナは下ろしてから放って置いたダブルバズーカがあったので、それを一直線に地面に置いて、アンテナ
アナライザー(MFJ-259)とアンテナチューナー(コンパクトアンテナチューナー Tマッチ by ja7qil)を使ってマッチングを
取りQRP機(HB-1A 出力4W)に繋げ(同軸長1m)リグのスイッチを入れると、おっ!ガッツンコと信号が入って来た。信号が
聞こえても弱弱しく聞こえるだけかなと思っていたので意外だったが直ぐ適宜に入感する局をコールして見た。コールが途切
れない局は中々取ってもらえないし、気付いてもらえない局もあったが滋賀(移動記念局)、茨城(和文局)、東京都港区(移動局)、
三重の4局と繋いで頂いた。へー?不思議だ?。アンテナアナライザーを繋げた状態で何処から電波が出ているのかと
ビジュアル電界強度計で探ってみたがLEDの光るところはない。電波が弱すぎるようだ?。QRP機4Wに変えて送信して
探って見るとエレメントにすれすれに近づけて初めてLEDが点灯、エレメント以外では点灯しない。なんだか分からないが
アンテナを地面に置いても交信は出来たので電波は飛んでいったようだ? HI。両エレメントを右左に渦巻き円にしても
信号レベルは変わらず聞こえて来て、一局くらい交信して見るかとマッチングを取って見たが暗くなって来たので止める。
偶々アンテナを地面に置いたまま...案外と経験している方は多いのかも?。(注意しないと不安全行為になりそう?)。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.914]

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中