電子QSL

s887-5電子QSLはeQSL.cc(USA)とQSO bank(日本)に登録していましたがデーターのアップロードが知識不足で面倒に なったり、
サービスが中止(QSO bank)になったりで遠ざかっていたのですが「0928_1010p」(by JH3ECA)という ソフトを使う電子QSL
カード転送システムを知る機会があり試して見た(詳しくは、http://30.pro.tok2.com/~jh3eca/New0928_1010p.html)。 
ロックマイト7MHzCWトランシーバーに7.005MHz(TX/RX周波数はabout 7.0032 or 7.0042)のX’talを挿して機会ある毎に
CQを出して(出力:about 300mW 電源:単四ニッケル水素充電電池x8(9.6V) ANT:1/4λwire)ワクワクQSOしています
(ウィークシグナルに中々気付いてもらえないことも多々ありますが HI)。ある日QRP(1W)局との2way QRP’のFBな交信が
出来ました。するとその局から交信のお礼とFBな電子QSLが添付されたメールが届きました。また、その電子QSLは
 「0928_1010p」 で発行されたとそのソフトのサイトが案内されていたので早速D/Lしインストールして追試して見た。
ソフトを起動し梅林で撮ったメジロの写真を貼り付けハムログのデータから目的QSOデータをADIFファイルで取り出し
それを読み込むと電子QSLカードのデータ欄に自動的に埋め込まれて相手局への電子QSLカードが出来上がった。
ここでemail(jarl.com選択)を選び送信操作をするとメッセージと電子QSLが添付されて相手局に出来上がった
QSLがemailで転送されることになるようなのですがその設定方法がまだ理解出来なくて出来たQSLを画像として
セーブしてその画像電子QSLを返信メールに添付した。で今のところ自動転送は?でもどきで発行でした。(笑)。

 「0928_1010p」サイトの説明を読み直してカード転送システムが使えるようにしたいと思います。
7.0042辺りのでウイークシグナルが聞こえましたらレポートよろしくお願いします。電子QSLも送ってみましょう。

eQSL.ccでQSLを確認すると届いていた。Hamlogから簡単にADIF形式のデータを取り出せるようになっているので
eQSL.ccにアップしてある続きのQSOデーターをアップして見ようと思う。QRZCQ、LoTW、etcも試して見るか?。 

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.887]

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中