パ ソコン組立キット

s885-3メインPC「Windows XPpro(中古 FLORA 330W Pentium 3GHz RAM1GB 2009年11月購入)」を「Windows8.1-DSP64bit 
(組立キット AMD A10-9800K 4.1GHz 8GB)」に買い換えた。買い換えには長く使えるもの...なら、CPUはi7で、RAMは
8GBにOSはWin8にしたいとネットで適宜なものを探しましたが知識が乏しいこともあり決断出来ないので近くのPCショップに
行って見る。商品の種類は少ないですが同様の構成のものはネットと価格がそんなに大きくは違わないと思いました。
只、i7はどうしても100k近くになって手が出ません。又、i5のものは構成が今一?で価格との兼ね合いもありピント来ません。
が、組立キットコーナーで目が留まりました。インテルiシリーズCPUにしか頭にありませんでしたがAMDのキットに興味が
行く。どうなんだろう?。店員に説明を聞くと構成等にも依るがi7とi5の間にあるらしい?。価格も何とか予算内に入る。
12年振りくらいか自作パソコンを作って見ることにした。自作パソコンと行っても組立キットで動作を確認済みの部品で
2年の保証が付いています。CPU(AMD A10-6800K)、マザーボード(GIGABYTE GA-F2A75M-D3H)、RAM 4GBx2、
HDD(500GB)、DVD、電源ユニット、PCケース、OS(Win8.1 64bit)のセットで組立マニュアルが付いていた。組立手順は
CPUの装着 → メモリーの装着 → マザーボードをケースに収める → HDD、光学ドライブの接続 →
 電源など各種ケーブルの接続 → キーボード、マウスの接続 → 電源を入れて → マザーボードの設定 →
OSのインストール → 組立完成です。組立は静電気の発生に気を付けて作業毎に両手を金属等に触れて静電気を
逃がしながら進めた。組立後電源を入れDELキーを押すとマザーボードBIOS設定画面が現れあー良かったとほっとした。HI
 DVDドライブにOS(Win8.1 64bit)DVDをセットして起動し無事インストール完了です。Win8.1のスタート画面が今までと
まるっきり違うのでさてとなるが自分でやった分操作を理解し易いように感じ出来合いを購入するより価格(50k台)を含め
良かった様な気がする?。(笑) XPパソコンからの引越しソフトが付いているがゴミも一杯あるのでHAMLOG等々から
少しずつインストールをして行こうと思う。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.885]

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中