移動運用セット一式


HB-1Aで移動運用セット一式を用意して見た。松田河川敷で恒例の春のジャン会が開かれるので、それに連れて行って帰りに
でも、ちょい運用して見たら楽しいかなとリグはHB-1A、周波数は7MHzでアンテナはAH-7等のミニホイップが簡便でい いと思った
が昨今のコンディションでは難しいと思いEFHWミニアンテナチューナー、それに合わせたフルサイズ1/2λワイヤーを用意する。
ワイヤーの先をを引っ掛ける木などがないので伸長4mの釣竿一本、電源単三エネループ8本に、他リグ等は全部@100のBOXに
入れた。重さは全部で約1.4Kgです(HB-1A[460g]、BAT[300g]、釣竿[220g]、BOX[130g]、Wire [110g]、アンプスピーカー[80g]、
EFHWチューナー[60g]、同軸[50g]、イヤフォン[20g]、パドル[10g])。量りに載せて見ると 案外と100均のBOXが重かったりする。HI
一式をリュックに詰めて自転車で会場へ。山北のローカルから会えるように早く来てよと声を掛けて貰っていたのでジャンク会開始
時間前に到着出来るように早めに出る。リュックで背負ってると重さほとんど気になりませんGOODです?。HI 先ずは会場をぐるりと
回って見ましたが電鍵等は出ていません。CWをやる方が多くなって来たからでしょうか?。EB等楽しく過ごさせてもらいましたが、さて、
移動運用セットを見て頂いたりはしましたが、皆さんコンディション悪いねー何だろうねーと感じているのは同じ様です。ワイヤーを
張る良いところはないし、工夫すれば何とかなりますが面倒になって来ました。11時も過ぎてジャンク会も終了になり折角だから と
各局と食事でもして行きませんかと声が掛かりファミレスで昼食を取りながらハム談義し帰路ローカルの畑に寄って畑談義し帰る。
で、移動運用セットを使う機会がなかったのでホントに問題なく使える?と戻った玄関先で移動運用セットを広げて見た。玄関床に
HB-1A、BAT、イヤホン、パドル、チューナー等を繋ぎ、チューナーのアンテナエレメントホット側に1/2λワイヤーを接続して
玄関のアルミ戸にエレメントを挟み外へひぱって途中釣竿の先にエレメントをテープで止めて釣竿を立てエレメントの先端に
くくり付けてある麻ひもをさらに引っ張て畑の区画境記の竹の棒に縛った。チューナーのスイッチをTUNE側にして7005辺りで
電波を出してLEDが消灯(一番点灯しない)するところをチューナーのダイヤルを回して探すがチューニングの取れるところが
見付からない?。何か可笑しい外に出見ると釣竿が倒れてエレメントが落ちていた(笑)。釣竿をテープでしっかり止め直して
再チューニングするが見付からない?。待てよ?ほんとにエレメントの長さは大丈夫だったのか?もしかして10MHz用か?。
HB-1Aを10MHzにしてチューニングし直ししてみると何てことはないLED消灯に近い位置を直ぐ見つける事が出来た。(^∇^)
20m長のワイヤーと思っていたがどうも14m長のワイヤーだった様だ(≡^∇^≡)。チューナーのスイッチをTUNEからOPRに
切替HB-1Aのダイヤルを10Mの下から上に上から下に回しているとやっと一局、8が聞こえて来た。599だが深いQSBがある。
取ってもらえるか?とコールすると2回目に応答があって559のレポートを頂く。バンドは違ったが取りあえずOK (‐^▽^‐) 。

QRP機は未だ当分の間(1,000交信まで)Rockmite40メインでQRV(7013/7014only)です。各局聞こえましたらよろしくお願 いします。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1049]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ


サヤエンドウの蔓の中に根元から枯れるものが出ていた。2年目の連作 は気にしているがその前は記録も面倒になって
適当になっているので連作障害等が起きているのか?、また他の病気が出ていることもあるので根元にその兆しを見付けたら
せっせと取り除いていたら元気を取り戻して来たので蔓が伸び易いように収獲し易いようにネットを張った。自前のジャガイモを
種イモに植えたジャガイモの芽が心配することもなかったように出て来 て嬉しいHI。サトイモも自前の種で植えたがクズのサトイモ
(すごく小さいもの)が残っていたのでお盆行事に使うサトイモの小さな葉が 出来るかなと期待して畑の隅にまとめて植えて見た。

種から育てたタマネギは玉になるか心配でしたが何とかなりそうです。ソラマメは花が咲いてすくすく育っている。人参、大根、
ミニリーフの芽が出て来た。ホウレンソウ、ネギは芽が出る出るかと待っているところ。キャベツはポリポットで未だ本葉3枚くらいで
4~5枚になって来たら定植する。育苗セルトレイではサニーレタスが本葉2枚になった。ミニトマト、中玉トマト、モモタロウトマト、
ナスの子葉が開いて来た。キュウリ、枝豆も芽が出て来た。ツルなしインゲンは種蒔きしたばかり。スギナが出て来て困ってる。HI
スイカ、カボチャ、ゴーヤー、モロヘイヤ、オクラ3種類、冬瓜、etc、etcの種まきをどうするか苗は何を何時いくつ買うか思案中。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1048]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

AH-7 (7MHz用ロッドアンテナ)

s1047-1ベースコイルとロッドエレメントでセットのポータブルトランシーバー用の7MHzアンテナ AH-7(マルドル[今はない])の
扱い(整合方法)を見直した。BNC同軸ケーブル(3m)付きミニマグネットBNC基台+G線(カウンターポイズ一本)にAH-7
(ベースコイル[約23cm長]とロッドエレメント[最長約110cm]を繋いだ[約130cm長])を取付けて同軸ケーブルの端でSWRの下がるのは
8.4MHzあたりと高い(FT-817等に直接AH-7を付けると7MHz台に合うのかも?)の為、同軸ケーブルの端(TX側)にマニュアルアンテナ
チューナーを入れ整合して使っったりしていたのですが、どうもしっくりしません。で、「アンテナの元でSWRが下げるにしたい」と
アンテナチューナー(QRPアンテナチューナー2011 Tマッチ)で整合する方法を試してみた。アンテナチューナーの赤端子にBNCコネクタ
メスを取付けアンテナを直接繋ぎ、黒端子にはG線(8.7m長被覆銅線カウンターポイズ一本)を取り付けてアンテナチューナーで整合を
取るとSWR 1.5以下で、この方が同じSWRでも気持ちが良く、整合方法があっている気がする?。勿論その前(チューナー使わないで)に
SWRが下がるところ(ロッドエレメントの長さとG線の引き回しetc)を見付けて置くのが先です。浜松、和歌山、鳥取と繋い でもらい良しとする。

AH-7を10MHzで使って見た。BNC同軸ケーブル(3m)付きミ ニマグネットBNC基台+G線(カウンターポイズ一本を5.1m長に変更する)に
AH-7を取付け10.120辺りで、アンテナアナライザーのSWRが一番下がるところを探すとロッドエレメントの長さ53cmで、全長で は75cm
でSWRは1.1以下です。HB-1Aを繋ぎバンドを10MHzにし10.100~10.130の間をダイヤルを上に下にと回してみますが信号入感なしで す。
Condx悪い?。ノイズも小さく受信感度低いのかな?電波飛ぶのかな?。約3km先のローカルにメールし10.125でレポート交換をお願いする。
こちら出力4W、ローカルは20Wに使用のアンテナは水平に張ったブロードバンドアンテナ(BB6W)で、レポートはhis 599 my559でした。
10MHzはAH-7の調整この条件で設定すれば場所が変わってもチューナー、アナライザなしで使えるのではないかと思われる?。が、他に交信出来
てないしほんとに飛ぶのかな?で、CQingして見る10分近く経ったか?。駄目かな?終わりにするかと思うと6からコール頂く。559QSBでした。TU

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1047]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

作成待ちのキット その後

一番新しく届いた 【The Code Weapon (A1CLUBオリジナル モールス(CW)復号機能付き4チャンネル・メモリキーヤキット)】を
やっつけた。キット2016ハムフェア会場で頒布されましたがその時に手に入れる事の出来なかったクラブ員にと限定頒布に
申し込んで運よく手に入れる事が出来たものです。2014版は「CW復号器」と「キーヤ付トーンジェネレータ」と分かれていて
「CW復号器」のプログラムはLCDモジュールのマイコン PIC(16F689)を使っていて、へーそんなLCDがあるんだ。それを
利用したんだと分からん人なりにもなんか凄いなーとびっくりでした HI。只、自分の利用はキー打電の確認練習用でしたから
「CW復号器」と「キーヤ付トーンジェネレー タ」を繋げて使うのは面倒でした(面倒でない様にケース等にまとめて仕上げれば良い
事ですが、それはさらに面倒でバラで組立て動作確認をしただけで何時かまとめを仕上げようと思って机の隅に置いてあった
が未だにそのままです HI。さて、今度の「The Code Weapon」はその面倒が無くなっていて一枚基板に全部載っていて上にLCDを
乗せて完成、後 は電源オンとキーを繋ぐだけで打電の確認が出来て自分には特にケースに入れることもなく(エレキーも使うには
ボリューム等を外付けに してケースイングを楽しむのが良いか)このままでずっと使ってしまいそうです(笑)。組立上のミスが
ひとつあってボタンSW全部を基板に差して足を一本ずつ仮止めで半田付 けして置いたら残りの足を半田付けするのを忘れてた。HI
「The Code Wepon」がさらに進化するとしたら基板上のマイコンと模擬QSO(スーパーファンタジックキーヤー見たいな)が出来るとか?。

組立待ちのキットは AF-DSP、DDS-VFO、周波数カウンタ、Rockmite40の残り四 つになった(次は周波数カウンタの予定)。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1046]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

作成待ちのキット達?

s1045-1

AF-DSP、DDS-VFO、周波数カウンタ、Rockmite40、The Code Weponと5つの組立待ちのキットを並べて見た。
2016ハムフェアのA1 club 頒布のキットは「 モールス(CW)復号機能付き4チャンネル・メモリキーヤ」でした。いつも
何か楽しい気持ちにさせてくれるA1 clubのキットです。今まで頒布のキットは使う使わないに限らずほとんど手に
入れてました HI。2016ハムフェアでも出来たらハムフェア会場で手に入れたいと初日10時頃入場して足早に向かうと
ブース会場入口近くまでA1clubキット頒布の列の最後尾が出来ていました。迷わず先ず、まだなんとか手に入る順番
位置ではと並んでいたのですが、そんなに進まない内に午前中頒布予定数 は終了しましたとの案内で今回手に入れることは
諦めることになる。後日いつか通信頒布が行われ手に入れるだろうと?。それも忘れて居たのですが今回【The Code Weapon
(A1CLUBオリジナル モールス(CW)復号機能付き4チャンネル・メモリキーヤキット)】の通信頒布(第1ロット30個)の 案内に
運もあって手に入れる事が出来ました。手に入れたのは良いのですが机の端に置いたままになってしまうポテンシャルも
感じたと言うのは貴田電子のAF-DSP、DDS-VFO、周波数カウンタ、それに手に入れたものの作る機会がなかったとA1club
の方から偶然頒布封筒に入ったRockmite40キットを頂く事 が最近あって未 開封のキットが4つも手元状態に「The Code Wepon」
が加わると5つになってました(最初の3つはどう使うんだったかも忘れている(笑))。不味いこれは熱い内の「The Code Wepon」
の組立を先ずやっつけねばと。その流れに乗せて組立てないと他のキットも可哀想です。拡大鏡眼鏡も買ったので頑張ろうです。HI

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1045]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

CW 送受信ソフト?と和文QSO

交信したことがない和文コールが聞こえて来たので、これは交信して頂こうと回転式電鍵でお呼びすると応答があった。
キーは回転式電鍵という複式のキーですと紹介すると以前はモービルで複式を使って運用されていたようです。が、今は
最近は「DSCW(DigitalSoundCW)」というモールス送受信ソフトを使ってキーボード送信しているとのことでした。私の打電も
そのソフトで解読表示されているようなので表示状態を伺うと大丈夫の様でした。ソフトとの交信?と言う感じもしないでは
なかったですが、了解出来る範囲で解読表示されているのは回転式電鍵での打電に安心してもよいかな?と安堵する。HI
(和文は回転式電鍵で出ています符号のレポートを頂けたら嬉しいです。聞こえましたら各局よろしくお願いします)

さて、コンテスト、サービスCQing局等に縦振りでコールするとJM4UU?、UUP?、UU? etc? とか返って来て、自分しかコールして
無いと思われる場合等はどうも私のキーイングがそう聞こえているのか?。しかし、1が4とか、OがUとかに聞こえるのは考え
にくいので、もしかしたらそう見えている?ソフトがそう表示している?のかなあ?と感じる場面に会うことがある?。定かでは
ないのでCW解読器(Z80スーパーファンタジックキーヤーの機能のひとつ)、CW解読ソフト(Win_CW)等で、試すと似たような表示の
時があり、そんな気がする?(その時CW解読器、CW解読ソフトが適切な設定状態に調整出来ているのかは分からない?HI)。
もっとも、これらを解読器、ソフト等の性だけにし、自分の打電を棚上げにしていては進歩はないので打電チェックをCW解読器、
ソフト(Win_CW)を使って偶にやることにした。印字機能で符号の長点・短点・間隔を観察すると解読はされているものの綺麗とは
とても言えない(笑)。精進あるのみと教えてくれる(が、解読されてれば、そんなに気にする必要もない?とも思います HI HI )。

また、QSOの相手だったみたいな「DSCW」がどんなものか気になったのでインストールして見た。検出レベルを適宜設定すると
解読し(和文)、ひらがなの表示で読み易い(Win_CWはカタカナ表示)。短点・長点・間隔の表示は窓が小さく確認しずらい。
キーボード送信はPSK等で使ったインターフェースを繋げば動くんだと思いますがが今のところ興味はわかないのでパスする。
(短点・長点・間隔の全部を自分で作る符号を楽しめる間は楽しみたいと思う。(Rockmiteはエレキーですが HI))

打電符号の短点・長点・間隔の状態の確認にはWin_CWの印字機能が簡便で使い易いと思いますが、いつも綺麗な符号を
打電している某OMは自分の打電をテープレコーダー、ICレコーダーを使って自分の符号を聞いて確認しているそうです。
録音機等で自分の交信を録音して、その符号を聞いて自分に納得出来る符号か?を確認するのが一番かも知れません?。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1044]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

FB-801#43バランの修理

Rockmite40用のダイポールアンテナのバランはFB-81#43のフェライトビーズに0.2mm UEW 3本を4回巻き付けホットボンド樹脂で固定した
もので2016年4月から使用して来たがこの春1番2番の嵐でエレメントを張っていた麻紐が切れてダイポールエレメントが落ちていた。で、麻 紐を
新しくしエレメントをキュッと張り直したのは良かったのですが受信が悪くなり電圧給電の1/2λワイヤーに比べると蚊の鳴くような状態です。
アンテナアナライザーで確認すると問題ないような?悪いような?はっきりしません。隙間ケーブルのBNCコネクタ部にアンテナアナライザー
を繋ぎ釣竿をゆすって見たり隙間ケーブルを弄るとSWRが不安定に、ついには大きく振れてしまうのでダイポールを下しバランのプラスチック
ケースのカバーを外して見ると半田付け部の銅板が切れていた。また、隙間ケーブルをテスターで当たって見ると断線していた| ̄ω ̄、|。
バランの断線部の半田付けのし直しとエレメントを引っ張った時に半田付け部に引っ張りの力が加わりにくいように線材に余裕を持たせ直す。
隙間ケーブルは予備に作ってあったものを補強する(テープで補強し巻き付けてあるアルミホイルが剥がれにくいように)。バランを釣竿の
先の方にビニールテープで止めダイポールのエレメントを張り直し、同軸1.5D約6mを釣竿に添えて3か所テープで止め隙間ケーブルを
同軸に繋げアンテナアナライザーでSWRを見ると7.015辺りで 1.1以下です。さらに、隙間ケーブルから1.5D 2mのRockmiteに接続
するところで見ても SWR 1.1以下です。Rockmiteに繋いで見ると信号がはっきりと電圧給電ワイヤーよりも強く聞こえます。今まで
使っていた通りにダイポールが復帰しました(信号等によっては電圧給電ワイヤーの方がよい時もある)。Rockmite40 交信数889まで
来ました。1、000まであと119です。まだ当分の間Rockmite(7013/7014)でQRVする予定です。聞こえましたら各局よろしくお願い します。

(7013/7014はRockmiteのみのQRVです。Rockmiteでのキーイングは内蔵のエレキーにA1club絆キーのパドルを 繋げています)

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1043]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ