VN-4002 (40m QRP CW Transeiver Kit) その後

「ポケットサイズ 40mバンド QRP CWトランシーバキット(VN-4002 (design by jl1vnq)」はコントロール部とRF部
(受信部、送信部)で2枚の基板になっていて、その二つのうちのコントロール部の組立を完了し動作を確認し
マニュアルで確認した範囲では問題なく動いていると思われる。先ずはコントロール部完成です(@^^)/~~~。
表面実装部品コンデンサ、抵抗、インダクタンス、ダイオード、IC、X’talで50個あった。半田は0.5φで
作業したがICの半田付けでICの足が繋がってしまって半田吸い取り網線で手直ししたが半田鏝の先が減って
いることも加わって難儀していると、もっと細い半田が有ったはずだと半田の入っている缶を見直すと0.25φ
が、見付かり後は何とか上手くいく。表面実装部品の半田付けが終わってヘッダピン、ソケット、DCジャック、、
ステレオジャック、ボリューム、ロータリーエンコーダー(加工要)、タクトスイッチ、LCDとマニュアルに従って
取付ける。動作前の確認ですがチップ部品の間違え等の確認は自分には無理(#^.^#)。チップ部品は小袋に
個々にパーツリストも入っていて小袋の順番通りの部品毎に作業を進めて行けば部品の間違いは(取り付け
場所を間違わなければ)起きにくい様に手間を掛けたものだったので心配なく作業を進める事が出来た事もあり
取り付けの間違いはないと少し自信があった(#^.^#)。で、スイッチオフを確認し、イヤフォン、パドル接続して、
電源(エネループ8本にした)を接続、スイッチをオン、ボリューム中央まで回すと、LCDバックライトが点灯して
ビープ音が鳴る。マニュアル通りに確認作業を始めるとその通りになった(^O^)/。他チェックを進めると大丈夫
の様です。只、オシロスコープ等を持っていないのでIC-729受信機でBFO(4MHz)、局発(11MHz)、送信出力
(7MHz)の信号を確認した。FFT機能付きのオシロスコープってのがあるといいなあ?(自分には使えないか(笑))。

さて、次のRF部の部品はCTRL部の三倍150個くらいです。まだ先は長い( ;∀;)。免許の準備も進めておくか?。

http://jm1oop.ddo.jp/    [No.1066]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

表面実装部品の半田付け


Googl+のコミュニティに「ポケットサイズ 40mバンド QRP CWトランシーバ」の開発の様子が載っていた。技術的な事等
私にはよくわからなかったのですが何かちょっとワクワクしていた。それはMTR(Mountain Topper)と言う名前でアメリカの
KD1JV Steven Weberさんと言う方がデザインしたトランシーバーの日本版のように何となく思った。また、完成品ですが
MTR-5B(KD1JVデザインのLNR社製?)と言う5バンドのものを持っていて日本でも同じ 様なものが出て来ないかなあと思っ
たりすることもあってワクワクして来ていた。そんな折、正式版のキットの頒布情報が流れた。表面実装部品のフルキッ トと
言うことで自分には組立は難 しい出来ないかもと思ったが思い切って ポケットサイズ 40mバンド QRP CWトランシーバ
「VN-4002 (design by jl1vnq)」キッ トを申し込んでみた(#^.^#)。表面実装部品の半田付けはRockmite40に載っているIC
一個とRockmite40改造情報でオーディオピークフィルターCRをチップ部品で基板の空き場所にCRチップ四個実装した
時くらいしか経験がありません(#^.^#)。が、手に入れたからにはと表面実装部品の半田付けに挑戦だー(^O^)/。
半田付けする部品は約190個くらいあります( ;∀;)。先ずはマニュアルに従ってコントロール部のコンデンサから始める。
ひとつに切った後のCRのパッケージの大きさは3x8mmでパッケージから取り出したCRの一個は2x1mmです。見えないHI。
  落としたら私の目では老眼鏡掛けてても見つからないどっかに行ってしまう紛失してしまうでしょう?。金属ピンセットで挟むと
弾け危ない(無くす)のでプラスチックピンセット(@100)を使う。半田鏝は370℃固定制御(これしかない (#^.^#))。半田は
0.5φ。双眼実体顕微鏡で見ながらランドの片方に半田メッキしチップ部品をプラスチックピンセットでランドに乗せ左手の
人差し指の爪でチップ部品を押さえ半田メッキしたランド側に鏝をあて仮付けした後反対ランド側に鏝をあて半田を供給 
し半田付け、その後再度その反対側に鏝をあて適宜半田を供給し半田付けしCチップ部品一個半田付け完了(@^^)/~~~。
0.5mmピッチ足ICの半田付け半田0.5φでは足が繋がってしまう(#^.^#)。全部繋げて半田し半田吸い取り網線で吸い取る
方法はどうもちゃんと半田付けされてるのか不安が?(笑)。半田の保管の缶を見直すと何だ細い半田(0.25φ?)が
ありました。ICはセロテープで止めて作業していたのですが半田0.25φだとICを爪で押さえ半田付けが出来ました(^^♪。
やっとこさCTRL部の表面実装部品の半田付けを終了出来た。次は他の部品を付けてCTRL部の動作確認まで行きたい。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1065]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

スズメバチ?駆除

s1064-1s1064-2
梅干しへの工程、塩漬けが完了し、塩漬けの樽から梅を取り出して天日干しの台にするためコンテナを物置に取りに行く。
積んであるコンテナ(三つを重ねてひとくくりにしてある)の一番上の黄色のコンテナに手を掛け取り庭の表にそれを持ち出す。
次に、黄色コンテナが乗っていた下の青のコンテナ三つを取りに行くとギョッ蜂の巣です。先に取った黄色コンテナのに隠れて
蜂の巣が出来ていたようです。スズメバチでしょうか?。分かりませんがそのままではとてもコンテナに近づけませんし、スズメバチ
とすると生垣、塀を介して直ぐ生活道路に面していて夏休みの子供達もよく通りますし、近所に何かあっても行けませんので駆除
しか選択肢はありません。で、繋ぎ服に長靴、頭は防虫ネット帽子を被り、手は皮手袋の完全防御?体制にして長いノズルの
付いたゴキブリ退治用殺虫剤で少しでも近づけるように、また、噴射後襲ってくる蜂もいるので直ぐに後ろへ3m以上は逃げれる
ように確認してなるべく巣に近づいてからシューっと噴射するが半分以上は逃げられてしまう。蜂が戻ってくる前に巣を高枝ハサミ
で取り除く。取った巣をよく見てみると蜂の子が未だ沢山いて目玉をキョロキョロさせ黒い頭を動かしていた。生ごみ処理のポリポット
に入れて土に返すことにする。巣を取った後を見に行くと蜂が数匹戻って来ていて巣を探している様子だった。怖いと思うとへっぴり腰
になってしまい危険ポテンシャルもありましたが無事駆除出来た。良かった(^O^)/。
(ネットで蜂の駆除料金を見ると蜂の種類、時期で7千円から3万円くらいまである。大きい巣、危険な場所etc、リスクを伴いますね)

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1064]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

モールス符号Tシャツ


CQ出版社からの広告メールを開くと「モースル符号Tシャツ,販売開始」と言う項目が目に入って来て、ついそのTシャツってのを
買ってしまった(#^.^#)。アルファベットの文字の形に添ってモールス符号が表示されています。Fasebookにモールスの覚え方で紹介
されていたのを見たような気がする?。CQ販売案内によると「Girl Guiding」と言う本の中にあると公開(ネット PDF)先が
載っていたので開いて見た。100年近い前のものらしい。さて、このTシャツシャツ何処に着て行きますか、やっぱハムフェアかと
このTシャツを眺めながら上さんに見せると「それなら覚えられる」が開口一番だった(#^.^#)。無線ハムetcに興味などない人が(#^.^#)。
次「それどうするの?着るの?」に、ハムフェアに着て行くかなと応えると「着なくていいよ。他に良いのが有るから私に頂戴と...」、
どうも自分のスペースに飾る?らしい?。「Girl Guiding」だから女の人にうけるのかも知れない?。このTシャツが女子に広がって
アマチュア無線やって見たいって人が特に女子に増える要素があるのかも知れないと思った?。女子会はモールス・CWでとか?。
黒しか無いようなので色を増やして販売アップに繋げてもらうと良いかも知れません?。ハム人口アップに繋がりますように!。HI

【歴史探訪?】豊臣秀吉が小田原攻めの時作っ た一夜城(石垣山城)に若い頃はよく行ったがそれから随分と行ったことはない。
今は道も良くなって観光客も多いとか。史跡の前に「一夜城 YoroizukaFarm」 と言うレストラン・直売所etcが出来たこともあってらしい?。
で、行って見ることになった。先ずはお目当てのレストランへ行ったもののお客さん中の席は一杯でもう入れない状態だった。外の
椅子席が涼しかったら最高ですが暑くて無理です HI。ソフトクリームを買って店の軒下の日陰で好いにする(笑)。水もたくさん飲んで
一夜城ぐるっと周りから登って本丸へ、本丸の跡から小田原城を望む。QRPリグetc一式持って来たかったのですが何れの連れも
無線等には一切興味なく(時間はもらえない(#^.^#))持ち歩きが大変になるだけなので止めにした(#^.^#)。一夜城を堪能してから
今度は小田原城へ小田原城も子供が小さい時はよく来た。また、ここ数年、五代北条まつり(5月)には来ているが随分とお城に
行っていない。リニュアールもされているので久方振りに駐車場の近くでお昼を済ませ、いざ、お城へ。展示が綺麗に刷新されて
いました。資料、説明ビデオetcを見ながら天守閣に向かって行くのですが連れは中々時間が掛かります。折角来たわけですから
良いのですが私は大体はサーっと眺めるです(#^.^#)。先に行っては途中途中睡魔が襲って来て椅子に座って寝てた((笑)。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1063]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

百合の花


バーチカルアンテナ(バターナットHF-6V)の傍に「ゆり」が約3mくらいの高さまで伸びて上端に7つの花を付け
その内のひとつが咲いた。「テッポウユリ」でしょうか?ネットで見ると「タカサゴユリ」と言うのかも?。花言葉は
なんでしょう?。『純潔』『無垢』『威厳』、白色:『純潔、威厳』、テッポウユリ:『純潔、甘美、威厳』とからしいです。
昨年も同じ場所に咲いたのですが高さは今年の1/3くらいでした。バターナットから何らかのパワーを(=⌒▽⌒ =)。
まあ、そんなことは無いでしょうがアンテナと一緒に百合を眺めているとこれに給電すればバーチカルになる?
なんて夢想、空想してた o(〃^▽^〃)o ♪ HI。 職場に沢山咲くのでお客さんに花言葉紹介して見よう(#^.^#)。

【ひまわり】Rockmite40(TRX7013/7014)シャックの縁側の外のプランターにひまわりが咲いた。昨年畑に自生していた
ひまわりをこのプランターに植え替え育ったひまわりの種がこのプランターに落ちたと思われ芽が出てここまで大きく育った。
可愛いです。只、プランターなので特に日照りの時に水を上げるのを忘れると渇望状態になるので細目に見守っている。
それにしても、ここに来て7013/7014のCQingへの応答を中々もらえないでいる(#^.^#)。1,000交信まで後35まで来たのですが。
Rockmite40(TRX7013/7014)QRPpの固定周波数での運用へのレポート渇望状態です。聞こえましたらよろしくです(#^.^#)。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1062]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

スイカ


スイカの人口受粉もカボチャと同じようで雌花と雄花が咲いた朝に雄花を茎を長く摘んでその花びらを取り除いて花粉を
雌花めしべの中心にそうっとこすり付けてやる。作業は朝10時頃までには済ませる必要があるようです。ですが、雄花と
雌花が同時に咲いている時になかなか出くわしません(#^.^#)。朝でも暑くスイカの蔓の前でずっと待っているわけにも
行きません(笑)。雌花、スイカの蔓を眺めているとアリンコが忙しそうに行ったり来たり歩き回っています。このアリンコの
動きも受粉に繋がるんでしょうか?。アリンコに受粉作業を託そう(#^.^#)。アリンコが受粉してくれたのかスイカが一個
大きくなって来ています。スイカは区画を広く取って蔓を畑に面で地這させるのが一般的?と思いますが場所を広く取れない
ので、棒支柱を立てて支柱に蔓を誘引して縦方向に育てていますが、ここで問題が受粉するとスイカが大きくなって重くなって
来て対策しないと落ちてしまいます。で、プラポット鉢の底にスイカの下が乗るように紐が通るようにプラポット鉢に穴を 開け
て2本の麻紐を×点に通してスイカを受けるようにした。こんなもんで収穫時期まで持つか?。度々手直しが必要でしょう。HI

スイカの育て方を見直すと摘心・整枝の方法は5節で摘心して子蔓2本だし、孫4本らしい?のですが何にもしていません(#^.^#)。
ネットに素人には?摘心・整枝はしないでスイカに任せた方が良い、自然に任せるのが一番とあるところもありますので何にも
しないにします(笑)。只、支柱を利用するのは自然では無く風の影響を受けやすくなり生長に影響があるのかもしれない???。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1061]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ミニループアンテナ(リボンフィーダー)

s1060-1
私のHPの記事をヒントにミニループアンテナを作りアンテナチューナー(SG230)を使って3.5、7、18、21、24、28MHzにQRVされてい るとの
メールを千葉のOMから頂きました。300ΩTVフィーダーがまだ残っていたので、簡便に追試して見ました。私の書き込みは相当前(7年)で、
それは室内で240Φのループに7MHzが乗る?かで給電フィーダーに約10m長のリボンフィーダー(TV300Ωフィーダー)を使って遊んでいた
もので、交信は出来たのですが、フィーダーが10mと長いので床に丸めていた、そのループのフィーダーから電波が出て交信が出来ていたと
思われる...???。何をやってるのか分からないで終わったことを書いたのですが、それを見て作られたOMのアンテナはリボンフィーダー
10mを直径60cmのたらいを利用して巻き付けたループアンテナ(フィーダーの端を繋げて二段で20mの長さに)で給電は同軸の両端へ直接
アンテナチューナーを繋げチューニングQRVし交信されているそうです。一戸建てにお住いの様ですが近隣の状況等から目立たないアンテナを
模索実験されているようです(参考URL http://icc2000.jugem.jp/?eid=1)。 そのOMの記事を参考に真似して見ました(フィーダーは昔使った
あるものなので出来上がりが似ているだけかも知れません?)。昔のブリキのたらいの直径を測ってみると丁度60cmくらいです。出来上がった
フィーダーループを軒下の縁台(高さ約50cm)に乗せてMizuhoアンテナチューナーの回路図(高田OMからポリバリコンを取り寄せると回路図・
注意事項等が一緒に送られて来た)を参考に作った自作アンテナチューナー(他のミニチューナーではチューニング取れなかった)でチューニング
するとabout 7020 SWR1.1以下になった。HB-1Aに繋いで7MHzのCWバンドの下から上へとダイヤルを回してみる。信号が聞こえて来ない?。
コンディションが悪いのかノイズも低い(アンテナの特性か?)、感度が悪いのか、ダイヤルを回していると5の移動局が聞こえて来た。コールする
局も聞こえて来る。信号の強さから交信出来そうでワクワクしますがパイルになっています。そうこうしている内に聞こえなくなってしまう。 一局も
交信出来ないで終わりには出来ない?ので直線3km先のローカルにメールしCQ応答交信をお願いする。受信599、こちらへのレポートは559。
巻付けたフィーダーは10mの長さですが試していて少し短くするともっと良いチューニングポイントがあるのではと何となく感じた?。調整要と
思われます?。が、今のところ次の何故が出て来ないのでリボンフィーダーループアンテナは当面軒下に吊るして置くことにします。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1060]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ