アッテネーター作成

QRPハンドブック(by JARL QRP クラブ)の記事を参考にして適当にアッテネーター(減衰器)をただ作った(#^.^#)。
9ヶ月前からQRPでの10MHzへのQRVはHB-1A(出力4W)と主にEFHWアンテナチューナー(by ja7qil)を使って来た
(移動運用ではなくほとんどホームQRPシャックからの運用)。それは1/2λのワイヤーを外からシャック(平屋の
隅っこ)に引き込みにEFHWアンテナチューナーをぶら下げチューナーでマッチング取って給電して来ました。
マッチングを取る方法はチューナーのスイッチをTUNE側にして送信しながらチューニングダイヤルを回してLEDの
赤点灯が消灯するか一番暗くなったところでマッチングが取れたことになる。次、チューナーのスイッチをOPR側にし
送信したその時のHB-1Aの出力表示の棒グラフが約4W(電源電圧12Vの時)を示していると大丈夫マッチングが取れてると
再確認出来る。運用中も、この棒グラフが目に入って来るので安心して運用して来ました。只、4W出力はチューナー調整
には少し大き過ぎるようでLEDの点灯の一番暗くなる位置を見付けるのは難儀だったりする(不器用で( ;∀;))。で、アンテナ
アナライザーを引っ張り出しOPR側てチューナーのチューニングダイヤルを回し整合確認した方が早く問題なく来た(#^.^#)。
ところが、ここに来てHB-1Aの出力表示のバーグラフが1Wくらいで整合が明らかに合っていないと思われる状態が発生?。
何とかLEDの点灯の一番暗くなる位置を見付け、OPR側にしたときの出力バーグラフは正常、そのチューナーダイヤル位置で 
アンテナアナライザーのSWR1.5以上でSWRの低い点を探すと100KHzくらい上になる。LED点灯の一番暗いところと、
アナライザーで見たSWRの低い点(チューナーダイヤル位置)が微妙に違う。自分には理解し難いアナライザーの表示が
客観的に信用出来ない?状態にあります(#^.^#)。只、HB-1Aの出力表示からもLEDの消灯に近い点が正しい整合点でしょう。
給電点での調整、そこでの表示(LED消灯か消灯に近い)が理屈に一番適てる分けです(測定点)。で、LED消灯を探し易く
するにはその時のHB-1Aの出力を下げようとやっとアッテネーターに辿り着いた(#^.^#)。ジャンク箱で見付けた約100Ω2本
と47Ω1本の抵抗をアッテネータ回路図の通り繋げ半田付けして入力出力にBNCメスコネクタを付ける。HB-1Aとパワー計
の間に作ったアッテネータを入れると4Wが約1Wになった(減衰量等は計算もしてなくエイヤの作り(#^.^#))。アッテネーター
を入れてEFHWアンテナチューナーのLED消灯を探すのは簡単になって目的達成です(^◇^)。付けたり外したりが面倒ですが
HB-1Aの出力表示が可笑しいと思った時整合がずれたのではと思った時だけの使用ですから面倒がってはいけない(#^.^#)。
(アンテナアナライザーとの違いの現象要因・現象原因は???で放ってある( ;∀;))。

メーター式の簡易SWR計(キット)で同様に試して見ると整合点は問題なく見付ける事が出来る事を確認出来た。只、
チューナーのLED頼りが簡便でそれに越したことはないのでチューニングのコツを掴むこと練習が一番の解決策か(^◇^)。
(HB-1Aからの10MHz(CQing主に10123,10126)の信号が聞こえましたら各局お相手よろしくお願いします。)

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1117]

広告
カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

妙な形のトマト etc


不思議な形のトマトが取れた。ヘタのところに丸いコブの様に出来るのは見るがとんがり帽子を被った様な形で
不思議な形の中玉トマトで綺麗に全部赤く熟していた。Xが見付け早速ラップを掛けラップに目鼻を書いていた(#^.^#)。
形が悪い野菜は奇形果とか変形果とか言うらしい?。ちなみに形が違っていても味や品質とかには殆んど影響ない
らしい。で、食べたかと言うとそのまま放って置いて食べなかった(#^.^#)。奇形になる原因は病気、気候、土壌の場合が
あるらしい?。トマトの株には問題ないと思われるので病気の可能性はなく気候、土壌が影響しているものと思われる?。
奇形は気候、土壌の問題の方が多いそうだ。今年の異常に気温の高い事が原因でしょうか?。暑くて中々畑の世話してない
草取り追肥等が出来ていません(#^.^#)。トマトは最近殆んどのものがひび割れしている。食べないのは勿体ないので悪い
ところは取って全部鍋に入れてそのまま煮込み灰汁が出て来たらそれを取ってトマトスープの出来上がりです。無駄なく
大量に消費出来てそのままで味は最高に美味しく飽きない一品になる。ゴーヤーは収穫したら早め調理がポイントの
様なので直ぐ食べきれない量が取れた時は適宜に刻んで茹でて冷凍しておくといつでもゴーヤーチャンプルetcに使える。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1116]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

急須の蓋の修繕


お茶を2煎、3煎まで美味しく頂こうと注ぐ最後の一滴までと急須を傾けたとき何故か蓋を押さえないでいたようで
陶器の急須の蓋が落ちてチャリンと良い音?を立ててバラバラに割れた(#^.^#)。が、瞬間接着剤で修繕した(^◇^)。
飲み終わった陶器のコップを台所シンクに置くとこの急須のツマミに当たったその拍子にツマミが取れてしまってので
新しい急須を求めに近所のお茶屋さんに行くと同じような急須がなかった。店主が今は求めているような急須の
仕入れは止めました店にあるなかでよろしかったらお願いしますとそれで手にしたのは小さなほんと小さな急須を
買って見たものの湯呑に半分も注げないお上品なもので直ぐ使うのを止め、ツマミをゼリー状瞬間接着剤(@100)
で接着して見る大丈夫使えて来た(#^.^#)。そういうこともあって今回も瞬間接着剤で修復して見た。ツマミの時と
同じ様にゼリー状の瞬間接着剤を使ってくっ付けて行くが動いてしまい瞬間接着と言うわけにはどうも行かない。
で、接着剤でくっ付け押さえながらセローテープを貼って固定すると何とかまあセーフの状態でくっ付く。その後
セロテープを剥がしステンレス束子でゴシゴシはみ出している樹脂を取って修繕完了(^^♪。三日後に家族から
急須の蓋にひびが入ってる何だろうねと声が出た(#^.^#)。が、ほとんどこの急須を使うのは私だけです(#^.^#)。

【W3FFアンテナ(バドダイポール Buddipole)】バ ドダイポールの手持ちのマニュアルの年号には2004年とある
が、いつ手に入れたのか?忘れた(#^.^#)。7MHzから144MHzまで使える便利な移動用ダイポールで人気があった
(今も?)。手に入れた頃は酒匂川の土手まで持って行ってたが、最近出番がないのでエスカルゴ6mCWをちょっと
除いて見ようと組み立てて見た。10時頃から一時間くらいFT-817 5W 1-3局、6-1局、0-1局の5局(#^.^#)。
山の上に行かないと無理があったかCQingは無理、それと聞こえて来る6等はCQingする局は聞こえて
来ず(1局のみ)。電波落ちて来ているのに残念ながらコール出来る機会は少なかった(^◇^)。これから
使う機会を増やしたいと思って引っ張り出しては見たが萎んだ方が大きかったかも知れない?(#^.^#)。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1115]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

マルチテスター?


インダクタンス、コンデンサ、抵抗、トランジスターetc.etcを自動検出して、それらを測ってくれると言う測定 器
マルチテスター(about 1K lessのもの)を買って見た。この測定器Twitterで知ったのですが一年以上前から話題
だった様です?。兎に角一枚基板で出来ていてインダクタンス+コンデンサ+抵抗、トランジスタ+ダイオード等が
測れるらしい?。Amazonで検索すると商品画像が出て来た。値段は0.9K~2Kで画像からはどれも同じ様に見える
がよく分かりません(#^.^#)。「 LCR-T3トランジスタテスタダイオード 三極管容量ESR LCRメーター MOS PNP NPN」
と言うもので、そのときヒットしたなかで一番安いもの(#^.^#)を注文すると2週間くらいで届いた。品物はポリエチレン
シートで包んであり早速ワクワク開いてみると液晶のガラスが基板から外れていた( ;∀;)。が、基板に直ぐ取り付け
出来た。説明書はない。ボタンは一個なので電源006Pを繋ぎボタンを押して見ると電源が入り測定モードになる。
測定ソケットには何も差していなかったので「何だか分からない又は測定パーツが壊れている」ような表示が出た。
そのままにして置くと自動的に電源が切れた。試し一番にセラミックコンデンサをソケットにセットしてボタンを押すと
回路図記号と403㎊と表示された。抵抗、トランジスター、コイルetcを同じようにやると同様に表示した。面白い(^^♪
良いものの買い物だったかなと思います?(#^.^#)。で、約1m長の7MHz ホイップを作ろうと温めていたコイルの
インダクタンスを測って7MHzホイップアンテナを完成させようとマルチテスターを使って見ました。が、最小単位が
10μHでアンテナのコイル測定には使えないか?1μHまで欲しい(#^.^#)。結局は昔手に入れたLCメータキット
(「ポケットL/Cメーターキット」測定範囲約0.1μH~約100mH)でいいじゃん!になる。と言うか元々Lメータ 活用
していない、出来ていないじゃんになる( ;∀;)。製作予定のホイップアンテナのコイルのインダクタンスはマルチテスター
で測ると0.07mH、キットのLCメータで測ると63μH。このコイルの先にロッドアンテナを付けてアンテナアナライザー
7.015辺りのSWR表示を見ながらロッドアンテナの長さを調整すると70cm長付近でSWR1.2以下になった(その時の
カウンターポイズは5m長一本)。この全長約90cm長(コイル+ロッドアンテナ)のホイップをFT-817(出力1W)に接続
し青森、埼玉の2局と交信出来たので良しとする(#^.^#)。このホイップアンテナですが紐で吊った状態での試験、バラック?
状態なので自立して使えるようにする課題が残る。アンテナのやりかけのコイルを思い出して買うことになったマルチ
テスターですが自巻きコイル等小さいインダクタンスのものには使えないと分かった(^◇^)。でも、他には便利そうです。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1114]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

スマホレンズ


スマホレンズ:スマホのカメラ部に装着して使う専用レンズを試して見た。ちょっと写真を撮るにはスマホの
カメラ機能が便利です。スマホでいいやと思えればカメラは要らないくらい上手く撮れますね。接写とか周り
を入れた自撮りはちょっと難しい工夫が要るようです。ミニトマトがこんなに赤く良い色に育ってるよとうんと
近寄ってアップで撮ってメールで送りましたがピントが合っていませんでした。手を伸ばして自撮りして見ま
したが周り背景は上手く入りません。そしたら娘から100均にスマホにつけるレンズがあったよと買って来て
くれた。スマホで広角&マクロレンズと言うものでクリップ式になっていて簡単にスマホを挟んで装着出来る。
キャンドゥのもので2通りの使い方が出来てクリップについたままのレンズはマクロレンズで、その上に重なって
ついているレンズがワイドでマクロレンズと重ねて使うようになっている。レンズを二枚重ねた広角で撮って
見るとかなり撮れる範囲が広がる。ワイドレンズを外して紫陽花に近づいて撮るとちょっといい感じに撮れた。
が、何れもちょっとケラレが出る。100円で撮れる広角&マクロなかなかいいじゃないかと思った(#^.^#)。ネットで
検索して見ると値が張って来るがカメラのレンズに比べればちょっと試しても良い手の届く範囲の価格で
沢山出て来た(#^.^#)。只写真に凝るには遠いかもしれないがまあ簡便で楽しいアダプタと思う(^◇^)。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1113]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

QRP用ダミーロード


250Ω1/2Wを5本並列に繋げて作ったQRP用ダミロードに同軸コネクタBNCオスコネクタを取り付けた。ダミーロードの
メーカー品はTRIOのRD-40(50Ω 40W VSWR 300MHz<1.1 450MHz<1.3)を持っていますがQRP機で使うには大袈裟?
大き過ぎ?なので、いつもBNC(オス)バナナターミナルアダプタに51Ω等の抵抗を接続してダミロードとして使ったり、
手持ちの抵抗だと1/4Wか1/2Wで出力5Wには使えない(短時間ならOK?)ので、250Ω1/2Wを5本並列に繋げたものを
出力~5Wの時、BNC(オス)バナナターミナルアダプタに接続し重宝して使っていました。が、繋ぎの同軸の芯線が
切れたり、アダプタへの接続がしっかり止まっていなかったりで接触不良等が起きていることがあった。で、改善する
事にした。きっかけはいつぞや大昔にハムフェアで手に入れた思われる袋に入ったマルドルの同軸BNCオスコネクタ
(3D用)新品?が出て来た(350円の値札が付いていた)。そん時は買ったものの自分では使う事が出来なかった(#^.^#)
か、同軸3DだとQRP機等には太過ぎて扱いにくいヘタをするとリグのBNCメス部等を壊すポテンシャルがあるので嫌った?
と思われる?( ;∀;)。まあどうでも良い事(#^.^#)でも私の作った「250Ω1/2Wを5本並列+5D2V」のダミーには具合が
良さそう。取付けるに当たって「JARL NEWS 2014 春号のなるほど豆知識!の高周波コネクターを知る」を取り出し
BNCコネクターの組み立て方の写真を見て確認して組立取付けた(#^.^#)。一昔前購入したものがやっと活きた(^◇^)。
アンテナアナライザーでSWRを確認すると170MHzまで1.1以下、470MHzくらいまで1.2以下で問題なく使えそう?。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1112]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

QRP用アンテナチューナーキット その後


QRP用アンテナチューナーキット(「1-30 Mhz Manual Antenna Tuner kit for HAM RADIO QRP DIY Kit」)組立完成した。
トロイダルコア(T106-2)にコイル線を巻きながらロータリースイッチ12接点へのタップを取る。タップの迎え半田は被覆を
被覆を剥がさずに半田付けすることが出来るかなと半田鏝等を当てて見ましたが駄目なのでルーターを使って被覆を
剥がして迎え半田を行い、その後ロータリースイッチにタップを半田付けして組上げて置く。SWR LED基板を組む、ケース
穴配置等を記した紙を元に穴開けする。その穴に合わせSWR基板、BNCメスコネクタ2個、2連ポリバリコン2個を取り付け
配線する。ロータリーSWシャフトにツマミを付ける。ポリバリコンもツマミを付けるのですが延長シャフトの作りポリバリコン
への繋ぎ方が分からない(#^.^#)。シャフトの接続部がテーパーになっていて十字に切れ込みが入っているのですが弄って
いる内にテーパーの付いている部分を折ってしまう(#^.^#)。で、ポリバリコンを使って同じ様なチューナーを自作したもの
から延長シャフトを外して使って別のツマミを付けて組立てる。チューナーのテスト①FCZ QRP パワーメーターを
完成したチューナーのアンテナ側に接続しリグ側にアンテナアナライザーを繋げてマッチングを取った後FT-817の出力を
0.5Wに設定してチューナーを入れた時と素通りの時のパワーを比較するとスルー500mWがアンテナチューナーを入れる>
と300mWに落ちる???( ;∀;)。ネットにフェライトコアの特性?が悪いものがあるような?ことがあったがよく分からず(#^.^#)。
②IC-706に繋げている1.9,3.5,7,10 1/4λワイヤー4本接続の給電点でチューナーの整合を確認何れのバンドもOK(IC-706
ではチューナーなしで使えているのでこのテストは意味ないかも?)。③釣竿で7.9m長のワイヤーをエレメントに垂らし約9m長の
ワイヤーをカウンターポイズにチューナーで整合確認すると3.5~10MHzで整合(SWR1.1以下)が取れた。④FT-817 2.5Wで
コールして見るが直ぐ応答なし(コンディションも悪かったのか信号聞こえずRBNにもの載らず)交信は7MHzで2局で止める。
トロイダルコア(T106-2)が悪いのか自分の作りが不味いという事もある( ;∀;)がコイル部を替えて見ないと何んともで終る。

キット付属の初めて見るポリバリコンの延長シャフトですが普通タイプのものと延長シャフトの接続部の折れた部品を改めて
眺めていたら何のことはない切込みのあるテーパーの部分をポリバリコンのシャフトを挟めるようにテーパー部を二枚折れば
良いんじゃないか(#^.^#)とやっと分かった(遅い(#^.^#))。で、シャフト真鍮なので折れたテーパー部を半田付けでくっつけて
付属のツマミを付けて取付けネジで締めるとシャフト+ツマミを取付け出来た(#^.^#)。\(^o^)/ですが恥かしい気も(#^.^#)。

http://jm1oop.ddo.jp/ [No.1111]

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ